無料ブログはココログ

2022年9月28日 (水)

経営の永続的発展の源

 経営の根幹は企業イメージを一言で表現できることに尽きると思っている。うちの場合は「経営とくらしのシェルパ」にある。シェルパ的立場が会計事務所の立ち位置としてしっくりくるからだ。

 だから、全ての発想がここからスタートするし、人にも一言で説明が出来る。最近はそのシェルパの意味を知らない若者が増えたから一から説明しなければならないことが増えた。

 でも一言で簡潔に説明出来て且つイメージがハッキリ描ける優れモノであると自画自賛している。

2022年9月22日 (木)

次世代に向けて

 昨日のFXシリーズの研修はわが事務所にとっての転機になるものである。会計の本質はその信頼性を基としたその活用にあると考えていたが、大きな間違いであった。

 抑々、デジタル化とは活用の高度化にあるのではなく、その活用の入り口にこそ会計の本質があることをまざまざと見せつけた。AIで会計は無くならないが変革を怠るとその活用さえ無用になってしまう。つまり、骨董品化されてしまう可能性がある。

 入口での議論が全体に及ぶリスクを内包している。変革はマストである。

2022年9月21日 (水)

先代経営者

 世の中、事業承継ばやりだ。代替わりは凡そ30年、私も創業して35年もうそろそろ代替わりの時期である。30年ひと昔、とはよく言ったものだ。私が創業したころは自計化はまだ先の事、ほとんどが起票代行でTKCでは財務三表システムしかなかった時代である。

 その頃の監査手法其の儘にツールが温存されていた。つまり、今日システムが更新されずに温存され、それが自計化中心の今日的環境に馴染まなかったことが停滞の最大の理由だと分かった。

 早く気づいてよかった、このまま走れば敗走に向かう処だった。改善は次世代経営者候補に任せた。これが事業承継だ。

2022年9月20日 (火)

社長塾の季節がやって来た

 10月4日から4回で今回はじっくりと対話型で行きたいと思って分量を極力落として対話型でやる気の醸成を狙おうと思っている。長年やってきて分かることは理解の上滑りだけでは実効性に乏しいという事。謂っていることは分かるが、いざ実行と謂ったときに何をどうやっていいのか分からないと謂うもどかしさの壁を取り除こうという塩梅だ。

 果たして吉と出るか凶と出るか分からないが、遣ってみるに如くはない。いま求められているのは実効性そのものである。

2022年9月16日 (金)

起業の精神

 我々はミレニアムの年に経営理念を2020年に「OUR STYLE(我々の流儀)」を策定し開示している。つまり、我々の対社会に対して立ち位置を鮮明にしようとしている。

 第三者に立場をはっきり訴えるにはスタッフ全員の共感を必要とする。だから毎週唱和をする。

 昨日飛び込みで来た起業希望者の話を聞ていて最近の若者の気質が見えてきた。夢が無い、希望が無い、狭い市場、全てがパーソナル思考、全てに覚めている。

 どうしてか、多分思考がサプライサイドにないのではないか、全てがディマンドサイドの発想なのではないか。日本人の大半はサラリーマンだ。

サラリーマンの子弟の発想しかできないのだ。すべてが消費者目線である。勤労は世を凌ぐ縁に過ぎない。さる評論家が言っていたことがある、日本の勤労者の7割がサラリーマンだと謂うのは異常な世界だと。

2022年9月15日 (木)

まだまだ、遣り残したことがある

 引退にはまだ早い。昨日そう実感したことがある。何故なら私が体験した失敗や苦い経験、達成感に溢れた体験などまだまだ伝えなければならないことがいっぱいあることが分かっただけでも十分な経験ってあるのだ。

 まだまだ、社会的要請がある限りその役目を自ら降りる分けにはいかない。私には果たさねばならない使命があると感じた昨日であった。

2022年9月14日 (水)

原始、人はサバンナにいた

 再度、書くことになったが、何故、人は何故走り回らなければ活性化しないのかを解き明かしたのが、「原始、人は実にサバンナにいた」と謂うDNAを未だ持っているのだと謂う、将に目からうろこが落ちた。

 過ぎたるは及ばざるが如きは何でもそうだが、心地よい運動は脳を刺激して諸機関の活動を促し、老化を防ぎ若さを保つ秘訣だと知ったら、実行せざるを得ない。

 日常生活でも歩幅と速度を気に掛けつつ、億劫がらずに快活に動き回ろうではないか。脳の活性化のために!

2022年9月13日 (火)

体力は気力に通ず

 8日の蓼科ラウンドに続き昨日は税理士会のコンペで出来る限り歩いて回った。結果は酷暑の所為で真夏のゴルフを避けたことも有りかつ予想外の暑さのせいで大した結果は残せなかったが気分は爽快の一言に尽きる。

 何せ、老後は体力を温存してなるべく動き回らないことを旨としていた一昔前の自分が「人は原始、サバンナにいた」狩猟民族のDNAが脈々と打っているという通り。

 人間は動き回ることが本能的に埋め込まれていると言う。ホルモンの分泌を促し、海馬、前頭葉等の活性化を促し、認知機能の活性化や健康の源になっているとの説は最もな事だと理解できる。

 一日30分以上の散歩が元気の源、老人こそ動き回らなければ健康は維持出来ないことを身をもって感じているところだ。

2022年9月12日 (月)

復帰

 私の夏休みは先週で終わった。実に一週間オフィスに行っていないが、一通の電話もメールも携帯も無い。寂しいが一方で安心もしている。明日は一週間ぶりに復帰するが休みボケは無さそうだ。実によく歩いたのだから脳は活性化されている。体力も気力も仕事に向いているようだ。

 明日の皆の顔を見るのが楽しみである。

2022年9月 5日 (月)

運動脳 2

 昨日、前に書いた「運動脳」と謂う本を読み終えた。合点が行ったものは二つ、運動特に有酸素運動の効用で、何故青少年時代のスポーツが重要か、何故老後の散歩が有用かの答えが判然として分かったことと、鬱の症状改善や予防にも同様の効果があることが分かった。と謂うよりも体を動かすことの重要性が再認識できたことが大きい。

 何となく体を動かすことの重要性は薄々感じていたけれどこれが確信になったことが大きい。もっと広めなければ!

«中小企業の業績

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30