無料ブログはココログ

トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

経営革新塾

 八千代商工会議所主催の「経営革新塾」が昨日で9回目を迎えた。
参加者16名の方々は、それぞれお忙しく仕事をされている中でほとんど欠席もなく、ご自身の経営革新に挑んでおられる姿に感銘を覚えます。

2007年10月30日 (火)

景気と人件費

 一般に日本は好景気が続いていると言われていますが生活者の視点、中小企業の視点からみると必ずしもそう言えないと思っている方が多いのではないでしょうか!
 たぶん日本の好景気が一部の輸出関連業種に片よっているのとその輸出環境の今後の状況が不透明なため、企業を慎重にさせているのでしょうか?

2007年10月29日 (月)

ルール違反とリサイクル

 最近食に関する虚偽行為がマスコミを賑わしているが、安全に一番敏感な部分だからだろうか?
もったいない(リサイクル、循環)と安全の調和が食べ物の信頼基準だとすれば、会計や経営の基準はなんだろうか?
公正、独立性、中立性か!

2007年10月26日 (金)

十三夜

 一昨日は十三夜だった。
日本は欠けたもの、盛りを過ぎたもの落葉の前の紅葉などになぜか心惹かれるようだ。
郷愁とか哀れとか心がキュンとなるようなこころもちを愛おしく思う私もキッチリ日本人だった。

2007年10月25日 (木)

食品業界の虚偽表示について

 最近テーマのように賞味期限とか原料についての虚偽表示が問題になるケースが多いがこれには二つの側面があって一つは表示と中身が違うという側面他の一つは安全健康への影響ということだろうと思う。
 国民の怒りは食べても健康に問題がないからいいということではなく信頼を裏切る行為は許さないということだろう。
私たちの仕事も同様だろうと考えています。

2007年10月24日 (水)

事業承継の話

 去年の会社法施行以来俄かに話題になり始めた感のある事業承継について考えてみる。
現在の中小企業の経営者の年齢が60歳を超え、昔のように穏やかな世襲制では将来の経営を考えられないご時世ということとも無縁ではないようです。
 この間上海に現地の会計事情の視察に行ってきましたが、同行の同業者の話によればM&Aの売りの話は多くは地方にあり後継者難の優良企業が多いといっていましたし、反対に地方には有力な会計事務所が多くその中には東京や首都圏に進出したがっているところも多いと聞きました。
 そえぞれの思惑があるのだと思いますがこれからの中小企業のあリかたやその展望をしっかり捉えていないと
これからの日本の行く末を誤ってしまうような気がするこの頃です。

2007年10月23日 (火)

税務調査

毎年秋は実りの秋であると共に私どもにとっても税務調査のシーズンでもあるわけでとりわけ今年の秋は大当たりといったところです。
今のところ法人、個人・相続の各調査がありましたが大きな問題はありませんでした。
 日々の業務の品質の担保と業務報告書の活用」がうまくいっていると感じています。

2007年10月22日 (月)

ロータリークラブの地区大会

年に一回のRCの地区大会がニューオータニ幕張であった。2000人近い人が集まる一大イベントである。
今回はメキシコから来ている青少年交換の留学生を伴って行った会でした。
異国の文化に触れるのもたまにはいいですね!

2007年10月19日 (金)

石川 遼は大丈夫か

 明日私のホームコースの袖ヶ浦CCで行われているトーナメントにメキシコから来ている留学生を連れていく約束をしているが遼君の予選通過がとても気になっています。出来れば彼を見たいと思っています、留学生をつれていくだけじゃなくて。

2007年10月18日 (木)

上海視察ー3

 きょうは上海最後の午前中フリータイムだったのでタクシーで魯迅の記念館まで行ってみた。
このタクシーのドライバー(昨日の人も)がひとかけらの日本語も英語も理解しなく、地図をみせて指し示すのみ。これには参った。
 そのあと日本人経営の中国茶の店により武夷山系のウーロン茶を仕込んできました。
日本人のブレンダーの調合だし店のオーナーも日本人だし衛生上の問題もないだろうと思ったから。
短い日数の視察だったけど、今回視察をして痛切に感じたのはニューヨークよりとっても近いのだと。

2007年10月17日 (水)

上海視察ー2

 上海2日目は日本企業の現地法人向けコンサル2社のレクチャーと現地不動産状況視察であった。
まあ、当地での生々しい話も多く聞けて現に中国でビジネス展開している友人の話と重ね合わせられとても興味深かった。
 それよりアフター5をフリーになって南京西路ストリート、准浦中路ストリートのいま一番賑やかな所を歩いてみて当地の活気を肌で味わった。
 8年前に比べればとっても明るくファッショナブルになっていた。
相変わらずの建設ラッシュだけは変わらなかった。

2007年10月16日 (火)

上海に着いて

12:40上海浦東空港に降り立ち視察の旅が始まる。
 前回の訪問は8年前で浦東空港は建設っ中であった。
その当時の何倍にもなった高層ビル群を車窓から眺めながら最初の訪問先の上海名南のオフィスを訪ねた。
ここの主な業務内容は日本の会計事務所から受注した会計データの入力処理と進出企業に対するコンサルが7対3ぐらいの比率で運営されている。
現地のスッタフの日本語処理能力は思っていたよりも優れていた、がトータルコストや受注企業の業務の分割は長期的に考えれば身近な支援とはかけ離れたものとなってしまうだろう。
 人件費の変動費化を考えるのであればOKだが。
夕方から小島総経理を交えたウエルカムパーティが開かれ視察団相互の交流もしっかりできた。
明日も現地情報をお伝えします。 それでは!

2007年10月15日 (月)

上海視察

明日から2泊3日の予定で上海の経済事情と日本の会計事務所のアウトソーシング先としての現地状況を見てきたいと思っています。
前回行ったのは2002年ごろですから大分変っているだろうと思います、そのこともとても楽しみです。
 明日からは現地からのライブと行きたいです。

2007年10月12日 (金)

大学のオープン講座の講師

12月15日に千葉大学法経学部のオープン講座の講師を引き受けることになりました。
 今はテーマに沿った講義内容の構想と資料集めをしておりますが、折々に講座のリーフレットづくりやらの準備行為が入るたびに緊張が一瞬走るものの本来の講義準備には手がつかず空転の毎日です。
 学生時代の宿題のように期日が間じかに迫らないと実感が湧かないのかも知れません。未だに学生時代の悪弊が抜けきれない今日この頃です。

2007年10月11日 (木)

メキシコの若者

8月の下旬からロータリークラブの青少年交換学生制度による高校生がメキシコのクリアカンというところから私の家にホームステイしています。
 18歳の男の子でクリアカン(シナロア州の州都)の技術系の高校を首席で卒業し、帰国後はメキシコで猶一の国立大学で電子工学を専攻することが決まって日本に留学してきました。
 彼は将来日本企業で電子工学のエンジニアとして働くのが希望で15歳の時から州立大学の語学センターで日本語の勉強をしてきているのでとても流暢な日本語を話しますし漢字仮名交じりで読み書きでき、日本の書道も学んだそうです。
 性格も素直で明るく生活態度もすばらしい好青年です。
この連休に日光に連れて行ったのですが、大変混雑していてエドが楽しみにしていた日光江戸村のチャンバラが見られなかっったのが残念だったようです。

2007年10月10日 (水)

事務所主催セミナーを開催して

10月3日(水)に毎年恒例になった「TKC経営革新セミナー」を開催しました。
 今回は5回目にもなり準備も手慣れてきたせいか企画や周知が大巾に遅れてしまいました。
が、間近になってのご案内にも関わらず当日30名を超える皆様にご参加いただき結果的には盛会でした。
 今回のコンテンツは「社長の挑戦」をテーマに実践編として「わが事務所の挑戦」とクライアントである食品加工会社の「基幹業務系システムの導入にあたっての苦労話」をして頂き組織の見直しの重要性と経営管理の必要性について実感をもってご理解頂けたようでした。
 これからも、2階のセミナールームを使った旬のセミナーを開催して参ります。

2007年10月 9日 (火)

躾と制裁

時津風部屋の制裁におるとみられる力士の死亡事故を考えてみたい。
 予てより、日本における「大人」とは何歳ぐらいまでをいうのだろうかと考えることがよくあった。
私の私見では10歳ぐらいまでが躾の出来る年齢でそれ以降は親も含めて生き方の助言や忠告で済むような大人に育てる義務が家庭や社会にあるのではないでしょうか。
 日本の大人たちが子供をもっとはやい時期から大人扱いができるよう考えていかなければならないのではないでしょうか。

2007年10月 5日 (金)

SSPについて

 新しいオフィスに移るに当って最初に取組んだのがSSPプロジェクトでした。
 S=システム(お客様にご提供する会計システム)
 S=サービス(私達が日々行うサービス業務の確立)
 P=プロセス(所内で処理される業務過程の充実)
 まだまだ未完成ですが完成は間近です。私のプロセスが一番遅れているんです。

2007年10月 4日 (木)

日々の仕事

 私どもは、TKCの会計人です。
 租税正義の実現、クライアント(顧客)の永続的発展と地域社会への貢献を目指して日々頑張っています。
 最近つくづく感じるのは、私どもの「経営理念」に共感し、包括的指示でオフィス全体が統一感に溢れた活動とお客様サポートができている点です。
 私ひとりが頑張るでもなく、スタッフがばらばらに活動するでなく、事務所の示した方針に誰ひとり違わず、活動している日々に、とても満足感と充実感を感じています。

2007年10月 3日 (水)

明日へ

 オフィスを新しくしたのと同時に、データセキュリティーやサービス品質向上に向けた業務改善プロジェクトへの取り組み、中期経営計画の策定と、8つの戦略委員会を設けてこの約1年取り組んでまいりました。その内容は、日を追ってお知らせして参ります。

2007年10月 2日 (火)

新オフィスへの思い

 昨年の8月に当地(ゆりのき台2丁目)に移転しました。
 自前のオフィスを建築するに当って設計家にお願いしたテーマは、次の4つでした。
 1.スタッフの働きやすい快適環境
 2.安心で安全な建物
 3.地域の皆様に利用頂けるセミナールームを設けること
 4.建築に当って、地域やクライアントの皆様に協力頂けるような分離発注方式(MC方式)の採用
 1年経ちましたが、とっても気に入っています。

2007年10月 1日 (月)

はじめまして

 今日からこのコーナーが始まります。
 このゆりのき広場は、広報委員長の古賀をはじめスタッフ全員でつくり上げた当事務所のいわば「奥座敷」です。
 わたくし達の本音と最新の取り組み情報発信の場です。
 これからも皆様に「お伝えしたいこと」・「お伝えしなければならないこと」を発信して参ります。
 尚このコーナーは、上記委員長命で私が休日を除いた毎日担当します。宜しくお願い申し上げます。

トップページ | 2007年11月 »