無料ブログはココログ

« 心の絆 | トップページ | 税務調査 »

2009年5月13日 (水)

心の教育

 昨日は、動物との心の絆を書いたが、今日は人間の心の教育は誰が何時するのかを書いてみたい。
以前に何のメディアだったか、心の形成について話題に取り上げていて面白いと思ったので手帳に書き留めておいたのだが、実は何の話だったか定かではない。
 しかし、その時にうちではどうであったかを考えたことは覚えている。
教育の場面としては、家庭、学校、地域(社会)が考えられるが、私はやはり家庭が原点だろうと思う。
生まれて育って行く過程で、すべての生活の局面を見せているし、色んな遣り取りもあるだろう。
人が人として人と最初に触れ合うのは家族だろうし、家庭だろう。
親の大人としての責任の重さを感じると共に、我が家を振り返る。
 二人のお嬢さんはよく育った(少々、後ろめたいこともあったけど)、最近はそう感じることが多くなった様な気がする。
還暦だもの!

« 心の絆 | トップページ | 税務調査 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の教育:

« 心の絆 | トップページ | 税務調査 »