無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月25日 (火)

国民背番号制度

 毎日新聞に今回の衆議院選挙について識者に聞くコーナーがあって、今日は早稲田大学の野口悠紀男教授がコメントしていた。
 彼は、今の日本の喫緊の課題は雇用問題とそれを支える内需拡大であると言っている。
そしてどの政党もこれにほとんどコミットしていないと、経済を知る政治家か日本にはいないと。
彼の著書でも同じような理論展開をしている。
 今の日本の大不況は米国の消費拡大に応えるような輸出依存型の景気拡大をしてきた結果である。
経済のグローバル化は自明の理であり、後戻りはできない。
その中で製造業の国際競争力を維持していこうとすれば人件費の最下位争いをしていかなければ企業利益は捻出されていかない(新興国との競争で)。
 大企業は世界競争に打ち勝たなければ明日の日本はないと人件費の実質的な切り下げで対応してきた。そしてこの大不況だ、取分け日本の落ち込みが大きいと云われている。
 ところで内需の拡大だが、その前提となる事業の活性化とモラルハザードの観点から云えば、競争のルールと適切な情報公開が求められるし、もっと重要な問題は援助や補助は事業体に支払われるのではなく、それを利用する個人等の主体に供与されるべきなのだ。
 介護、医療、保育、教育や各種の補助や互助制度はその利用者に直接支給される必要がある。
これができないのは補助(供与)主体が対象者を個人レベルで把握し管理できる仕組みや情報をもっていないからだ。
 国民背番号制は課税の局面で議論されることが多いが、今の内需拡大要請が高まる中でそんな視点で大いに議論されてもいい。

2009年8月24日 (月)

第35回八千代ふるさと親子祭り

 この土曜日、八千代の夏の終わりを彩る恒例のイベントである八千代ふるさと親子祭りが開催された。
当初、新興住宅地であった八千代市を第二の故郷と認識してほしいという動機で、お盆の故郷からの帰郷を待ってこの時期に企画したのが始まりであったそうだが、今ではすっかり八千代のふるさと祭りとして定着している。
 しかし、他の地域と同様にその存亡が話題になってきている。問題は2つ、お金と人手である。
実行委員会方式で事務局を商工会議所が担っているのだが、これが最近負担になってきているのだ。
 実行委員会方式といっても、大半は企業市民と事務局中心で資金も人手も充足出来てきたが、最近は不況と公共工事の縮減でその余裕がなくなってきている。
 今後もお祭りを続けていくには市民の郷土愛によるボランティア精神とそれを取り込めるシステムが求められているのだと思う。

2009年8月21日 (金)

ソーシャルスタイルってなに!

 今日、税理士会の千葉西支部の研修会で表記のテーマでセミナーがあったので初耳の方もいるだろうからここにその概要を書いてみる。
 ソーシャルスタイルとは簡単にいえば、人は本人が意識するとしないとに拘わらず社会的行動には共通のスタイルがあるということのようだ。
 そのスタイルを判定するのに縦軸と横軸のクロスする4つの領域で自分の社会的対応パターンうを判定するというもの。
 まず、横軸に自己主張の強弱(左が強く右に行く程弱い)、次に縦軸に感情抑制度(上にいくほど感情抑制が効いている)で、そこで出来る4つの領域でその人の社会的行動スタイルを分類をするのだそうだ。
 一度試してみると面白いですよ。
因みに、私は右下、つまり、自己主張が強く感情的であるという、自己主張は強いがクールだと思っていたがそうではなさそうである。
 家内は、私の見るところ左下の、人の話に耳を傾け、感情豊かと思うが、本人の評価はどうか。
また、対角線の人間関係は苦手意識を持つことが多いそうだが、横並びなのに苦手意識があるのは何故か?
謎である。

2009年8月20日 (木)

不屈の者たちへ

 昨日、何の気なしにテレビをつけたらNHKで「不屈の者たちへ」というドキュメンタリー番組が始まったところだった。
主人公は今はない近鉄バッファローズの盛田幸妃元投手、突然の脳腫瘍そして病癒えて奇跡のカムバック、そして再発、繰り返すこと2回。
3回の脳腫瘍手術を乗り越えての解説者人生、絶えず襲う再発の恐怖が今もあるという。
 彼が言う、病に倒れるまでの競争一辺倒で人を蹴落とすことをなんとも思わなかった人生が、この経験で一変したと。
 人生すべて「塞翁が馬」か!
ふと、我が人生を振り返った。
 その後の「SONGS]の久しぶりの中森明菜もよかった。

2009年8月19日 (水)

今回の選挙は

 今月末の総選挙は政権交代があるかが焦点のように言われているが、本当か。
政権交代が成った、または、どちらも過半数に達しなかったというシチュエーションもあり、何れにしても選挙後の日本は政治的に停滞するのは明らかだ。
 現在のグローバル大不況の中で日本の経済は、雇用は、そして日本のプレゼンスはどうなっていくのか。
残念ながら、どちらに転んでも大差はなさそうだ。
難局のとき優れたリーダーを持たない国民の不幸は続く。
 現在の世界の不幸はアンモラルな金融(ファンド資本主義)の行き過ぎた行動にあったが、暗に世界はそれを許してきたのではないか。
 世界がそのシステムの在り方を考えなければならないときが来ていると思う。
資本主義・民主主義・市場主義等の社会制度の在り方が問われているのだ。

2009年8月18日 (火)

これからの取り組み

 今、わが事務所で検討しているものが3つある。
そのうち2つは対外的なもの。一つ目は我が事務所の取り組みを知ってもらう活動を展開すること。
二つ目は現在のお客様のわが事務所に対する評価と要望や不満を知るためのアンケート調査の実施。
 そしてわが事務所のイノベーションの取り組みだ。
経産省の調査でも明らかなように従業員20人前後の企業の大半にサーバーシステムが導入されていない、その主な理由としてこれは私の独善的見解であるが、業務の標準化が出来ていないことに起因していると仮説を立てている。
 このことは、業務の標準化による効率性や均一性に影響するし、業績評価とりわけ会計情報の正確性に影響する。
このことは、その正確性とともに即時性にも重要な影響をもたらす。目標に対する予実の管理や原因究明とその改善もできないことになる。
 これからの経営は「GPS経営」だ。

2009年8月17日 (月)

最近ゴルフの調子が!

 7月の下旬までは最悪であった。調子が悪ければ、どんなに好きなものでもちょっと避けたくなるもの。
でも、これが気まぐれ。ある日なんでと思うぐらい調子が戻る、どうしてナノ、ある日あるとき、突然それはやってくるのだ。
 一つ言える、絶不調でもどうしてもやりたくない時でも、続けているから復活もある。
諦めてはいけない。人生は絶望した時に終わる、何もかも。
 ところで、今日の全米プロの最終日のタイガーとY.Eヤンの一騎打ちは凄かった。
タイガーの3日目トップの優勝神話をアジアの若く実績のない若者が同組での優勝争いに勝ってそれを覆した。
それも壮絶に、その魂に乾杯!

2009年8月14日 (金)

この戦争は誰が始めた

 明日は、終戦記念日。太平洋戦争(第二次世界大戦とか大東亜戦争とか云う)が終結した日のようだ。
この大戦の呼称は立場によって異なるのだそうだ。ある元自衛隊幹部の書いた本で知った。
何れにせよ、戦が終わった日だ。
 今朝、通勤途中の車内で聞いた投書とそれに対するアナウンサーのコメントが気になったのでここに書く。
ある投書は、こうだ、罪のない多くの国民が犠牲になった、こんな戦争は二度と起こしてはいけないと、アナウンサーがそのとおりだ、何も知らない多くの国民がこの戦争に巻き込まれ犠牲になったと。
 いったい誰がこの戦争を始めたのか、突出した軍部一部か覇権を求めた一部の政治家か、一国がその一部の力で勝手に他国と戦争に入れるか。
 程度の差はあれ、これを許した国民にその罪はなかったのか、これを煽ったマスコミに罪はないのか。他国を犯した行為は帝国主義の発露ではなかったのか。
 これらをわれわれ国民が自分のことと捉えなければ何の教訓にもならないし、これからの国際政治の中での立場を見失うことにもなるだろう。

2009年8月13日 (木)

お盆のこの時期

 うちの事務所はよくある夏季の一斉休業はやっていない。
確かにクライアントの中にはこの時期、一斉休業にしているところもあるから事務所を訪れたり、問い合わせがあったりすることも少ない。
 事務所もひっそりとしている。一方、うちのパートの女性たちは、今頃我が家が戦場であろう。
日本で繰り広げられるこの光景は今後も続いていくのだろうか。
 少子高齢化の始まった日本で経済成長を続けていくとすれば、就労人口に比例するような輸出型製造業主導の経済成長はないだろう。
 欧米や中国やロシヤに出来ない第三世界(特に東アジア)の国々への社会インフラの輸出やコンサルティングがやがてその世界での政治や経済の発展の基盤となって世界のスタンダードとなる日も来るかもしれない。
 日本という国やその社会インフラを正当に評価することや客観的に見ることがいま求められているのではないか。
日本は、マスコミに踊らされ、表層的かつ刹那的渇望に身を任せてはいけない。
 今、次世代のためにしなくてはならないことを真剣に考え行動すべきときだろう、日本の老人たちよ!

2009年8月12日 (水)

すわ巨大地震!

 昨日、東海沖で地震があった。私は就寝中で気がつかなかったが、当地でもかなり揺れたのだそうだ。
この地震で、東名高速道路の一部が通行不能になった。ちょうどお盆の人口大移動時のこととて他のう回路が大変な渋滞となっているとのこと、日本人は夏休みのこの時期、企業の多くが夏季休業にしてその労働者と家族が大移動する。
考えてみればちょっと異様である。
なんでみんなで休んでみんなで遊ぶ。
 みんなで休んでもみんなと違う行動があってもいいのでは?
移動を諦め、これを言い訳に過去の歴史に触れ、これからの日本を考えるひと時にしてはどうか。

2009年8月11日 (火)

さらば、老人大国

 経済紙に同様のタイトルで特集記事があったので、ここでも書いてみる。
民主主義は国民の総意を反映させるための政治手法である。
それを主権在民という。
 翻って、今の日本はどうか。
まさに高度経済成長をそれと知ってか知らずかそれなりに支えてきた、否、支えてきたと思っている人のその人生の後半の経済生活に関心が集中しているとしか思えないような風潮とこれを助長するようなマニュフェストばかりだ。
 前記の特集の中のコラムにある生物学者がコメントしていたが、彼の言うとおりだと思う。
小さな動物はわずかな環境変化でバタバタ死ぬが続々生まれる、大きな動物は多少の変化には耐えられるがそれを上回る環境変化に対しては対応ができず絶滅すると。
 現代人は計り知れない長命という時間とそれを支える膨大にお金のかかる制度を手に入れた。これを手中にした者はこれを手放さない。しかし、このことを許さない時期がきっと来る。
 これからの老人は早くその権限を次世代に譲り、死なない程度に密やかに生きろと!
その通りだ、経営も人材の育成と世代交代が進まねばその後の継続は保証されないのは自明の理だ。
集団で生きる野生の動物の種の保存の摂理に学ぶべきだろう人間が!

2009年8月10日 (月)

夏の甲子園

 先月の全国高校野球千葉県大会で予想外と言ったら彼らに失礼だが、やはりノーマークだった。彼ら(八千代東高等学校)が千葉県代表校になるとは。
 久々の県立高校の出場でかつ彼らも全国大会への経験はないだろうし、周辺の大人たちもその遠征や応援費用の調達に駆け回ったと聞いている。
彼らも青天の霹靂かもしれないが、周辺の大人たちもそれなりに大変だったのだ。
 しかし、開会式当日の惜敗を見ていると非力ではあるが、大柄な相手チームを向こうに回し、小兵ではあるが小気味の良い高校生らしいプレーを見せてもらった。
 彼らの未来に乾杯!

2009年8月 7日 (金)

夏休み その1

 5,6日と家内と夏休みの第一シリーズをとった。
初日は全くのフリー、夕方翌日の支部ゴルフサマーシリーズ開催地に移動、参加者と前夜祭で深夜まで盛り上がって、翌日有志によるゴルフコンペ。
 会場はバブル華やかなりし頃平成初期の完成、その頃はウイークデイのプレイフィーでも3万円を超えたところだという。
 今は日帰りのキャディーつきで13千円ほど、往時の面影はない。
今でもキャディーをアミー(お友達の意味だそうだ)と呼ぶのは同じだが、とてもお友達になりたいと思える人はいない。
 資本主義の宿命としてのバブルの発生とその消滅。ゴルフ場の栄枯盛衰だけではない。
いま、バブルを伴う資本主義のあり方が問われている。

2009年8月 4日 (火)

野次馬

 ご存知のように、昨日から噂のあの裁判員制度が始まったとマスコミは大騒ぎだ。どこのチャンネルを回してもどんな時間帯でも、そして新聞も裁判員制度一色。
 石川遼が小樽で勝ち、藍ちゃんがエビアンマスターズで大健闘したことが大騒ぎされるなら大いに結構だが。
「逝きし世の面影」にもある様に昔から日本人は好奇心の塊のような民族らしい。そしてすぐ忘れるらしい。
 好奇心が旺盛なのは悪いことではない、しかし、そこに下世話で劣情に近い心理が働いていたとすれば、それは大衆迎合主義に他ならない。
 もっと云えば、劣情に働きかけて世論を操作するが如き所業が存するとすれば大変な問題だろう。
いつの世も、冷静な状況判断が求められるようだ。

2009年8月 3日 (月)

経営管理組織って

 今年の3月末から経産省の構想でJ-SaaS(外部サーバーを使った業務システム利用方法の一種)が提供開始となった。
しかし、未だその利用は低調のようだ。初めから積極展開を考えないシステムベンダーも経産省構想だからとか乗り遅れないようにとか種々の理由からプロバイダー役を買って出ていることもあろう。
 このJ-SaaS構想の原点は、日本の中小企業の大半(従業員20人未満の会社)がサーバーシステムを導入していない。そのために他の先進国に比べて中小企業や管理業務の生産性が極めて低いこともその理由だと聞いている。
 だからと云って価格が安ければサーバーシステムを使う環境が整ったかというと、これは甚だ違うと思っている。
何故、日本の中小企業にサーバーシステムの導入が遅れているか!それは業務の標準化が出来ていないからだろう。 不幸なことに、日本は程ほどに識字率が高く単一民族で人を簡単に信用する。
だから、仕事の依頼の仕方が属人的になりやすい、そのほうが効率的だと信じているようだ。
でも違うだろう、仕事は大抵プロセスを持っている、だから業務の標準化とプロセス管理は必然と思う。
たとえサーバーシステムの導入がなくても!

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »