無料ブログはココログ

« 税理士会年末ゴルフコンペ | トップページ | 百越会と云う会 »

2009年12月 3日 (木)

紅葉のおわり

 八千代台の、勝田台の、街路樹の銀杏がその葉を黄金色に染め、そして、いま、歩道に絨毯を敷き詰めたように散っている。
 先月上旬に訪れた奥入瀬はもう紅葉の盛りを過ぎていた。三日間滞在したが、内二日は小雪が舞った。秋の終りであった。いま八千代は冬の初めだ。
 「盛りの後先」という一文を書いたが、いまは秋が終わったことを実感できる。
日本は一年で季節が循環する、冬が明ければ間違いなく春が来る。
ただし、どんな春が来るのかは分からない。
心して次の春を迎えようではないか!

« 税理士会年末ゴルフコンペ | トップページ | 百越会と云う会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉のおわり:

« 税理士会年末ゴルフコンペ | トップページ | 百越会と云う会 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31