無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

自民党と民主党

 政権交代が成されて早半年、まだ半年か。
それは兎も角として、この時期の(不況或いは停滞をいう)閉塞感には辟易としているご仁も多かろうと思う(今日は2.26事件のあった日)。
自民党が政権与党から去って野党になって見えてくるものも多い。
高度経済成長路線構想を掲げ敢然と戦後復興に乗り出した頃の自民党の存在。しかし成長の止まった頃の自民党の実体は官僚機構抜きでは政治が出来ない体質であった事は歴然である。
 一方、野党体質のまま政権与党となってしまった民主党。自民党のアンチテーゼはよろしいが政権基盤の無いままに脱官僚を標ぼうすることのなんと無謀なことか。
 あの、高名な藩政改革者の上杉鷹山でさえ10歳で婿養子になり19歳まで藩の現状分析と打開策構想やブレインづくりにかけている。彼は日向高鍋藩と云う宮崎地方の小大名の二男で米沢19万石の藩主としてお国入りしている。
ご存知のように米沢藩は120万石から19万石に減封され、しかも大方の家臣を向かい入れたために当初から困窮した。
 彼は米沢藩中興の祖である(童門冬二の「上杉鷹山」に詳しい)。
政治(政治に限らない組織全般に云える)の仕組みを替えるとき、いきなりは現体制は弄らない。問題は何か、誰が優秀で合目的的人物か、どう育てるか、組織を替えるのには時間がかかる。しかも利害関係者の共感も得なければならない。
 変革は一朝一夕には出来ないのだ。

2010年2月25日 (木)

国民の義務と租税法律主義

 国民の三大義務について、特に最近は納税の義務について思いを致すことが多くなった。
政治家の納税意識についてである。折しも、個人の確定申告時期にも当たっていて職業専門家として民主主義国家における納税についての義務の履行を促すのが難しい今日この頃だ。
 云わずと知れた、政権トップと政権与党のトップの脱税疑惑の事だ。
日本は民主主義国家だと云われている。日本の憲法は国民の三大義務を定めている、つまり、教育をさせる義務、勤労の義務、そして納税の義務の3つだ。
最近は専ら話題に出るのが納税の義務についてだ。
こともあろうに一国のリーダーがお母ちゃんにお金を無心して贈与だと云われたら知らなかったけどそう云うなら申告しましょうだし、また、一方では、政党をつくっては壊し、つくっては壊しでその間の政党助成金なんかの余剰はどこへ消えた!
自分の不人気を埋めるための虚偽記載の傍ら源泉は親からのお小遣い、片や企業からの献金を細分化する手法。
 国民は、納税の義務を負うが、故なく、つまり法律にない課税はされない。これを租税法律主義と云う。
これは国民の権利だ。
このお二人には国民の権利と義務のお勉強が必要かもね。

2010年2月24日 (水)

オリンピックは何時まで

 今朝はテレビをつければ女子フィギャースケートのショートプログラムが今日だの日本の有力3選手の調子やキム・ヨナ選手の練習時の転倒シーンとか繰り返し繰り返し放映している。
 こんなことビジネスマンの朝の情報として無用である。出勤前のひと時世界的スポーツイベントと云っても今日の仕事と直接かかわりのある方はごく少数であろう。
大半のビジネスマンの朝の関心は目前の仕事の段取りや仕事に必要な情報だろう。この出勤前の気ぜわしいときに何がオリンピックだ、ただただ、うるさいだけだ。
 どこか放映専門チャンネルを決めて只ひたすらオリンピック情報を垂れ流せ!
仕事に向かう人にとっては大いに迷惑な話だ。
ビジネスマンにとってのその朝はすべてビジネスモードになっている筈だ。ノーと云うのならその時点で仕事人として相応しくないと断言しておこう。

2010年2月23日 (火)

老人の輸出

 過激なテーマになってしまったが、その理由は次に因る。
一つはこれからの日本は老人大国の様相だ、また、これからの日本の就労人口は漸減する、高度経済成長を支えたビジネスモデルが最早通用しない、ここにもう一つ重要な点がある。それは70歳以上の老人の75%は健常者である、そして嘗て高度経済成長を支えた企業戦士としてのキャリヤと専業主婦で良妻賢母を誇った方々達だろう。
この方々の活躍の場が今の日本にない。
 これから急成長する国々にこそその体験は生きると云うものだ。
死ぬまで社会貢献の使命は続くのだ。その場は日本でなくてもいいだろう。

2010年2月22日 (月)

質素で美しく豊かな日本

 昨日、久しぶりに「逝きし世の面影」を読んだ。
幕末から明治初期の民衆の風俗を西欧の外国人達の目を通して描いた本だ。
日本の民衆は貧しいが清潔で礼節を知り、田畑には雑草が一本もなく美しい田園が広がっていると驚嘆している。
日本の民衆は貧しいが、産業革命に始まる軽工業化の進んだ欧米のスラム街のような貧困は日本には存在しないと。
 今、日本は縮みのなかにいる、GDPは中国に抜かれそうだし、景気は悪い、将来の展望も見えない不安のなかにいる。
 現代人が忘れ去ってしまった古き日本人に思いを馳せるのも悪くは無い。何が豊かで美しく独創的でエキゾチックで世界を魅了できるのか考えるいい時期にいると思う。
 西欧先進国や新興国の歓心を買うばかりが能ではない!

2010年2月19日 (金)

日本の在り方

 日本の就労人口の減少が始まって久しい。高齢化もじわじわと私の周辺を漂っている。世界景気も一部の新興国を除いて停滞したままだ。
 日本が従来の輸出産業主導や公共事業頼りの地域振興策等による経済成長モデルが最早通用しない現状である。
そこではこれから歩む道は!ということになるが、政治も経済団体もその成長モデルの構想を展開できていないのが現状である。
 成長は本当に必要なのだろうか、成長とは何を指すのだろうか、GDP総額が近く中国に抜かれて世界第三位になると云われているが、豊かさは総額の大きさか!国民が豊かさを感じるのは全体の大きさではなくひとり一人の豊かさではないのか。
 今の日本が際限なく財政負担を増やして景気の下支えをしていっても従来型の経済構造に火がつくとは思えない。必要なのは負担と受益構造の見直しと時代に会った・サバイバル競争に打ち勝つビジネスモデルの構築だろう。
 暫くは、国民が痛み分けするような高負担・中福祉で乗り切り、最先端技術の開発とその運用ノウハウの蓄積とその輸出及び製造業の現地化による指導収入と配当収入を得る道はどうか!
 国内需要は専門性が高く、求められる要求に的確に応えられる国内中小企業達の出番だ。

2010年2月17日 (水)

会計事務所のお仕事

 昨日、顧問歴の比較的浅い会社の会長からお呼び出しがあったので参上した。
担当の話では、ここのところ業績が縮小均衡で利益は出ているものの売上が減少傾向にあり、役員はじめ従業員も含めてワークシェアリングに取り組んでいるところであるから、会計事務所の顧問報酬も協力してくれとの意向だと云う情報があった。
 当日会長にお会いして日頃の無沙汰を詫び、現状の話や取り組みの話や先々の話をあれこれとされ一向に報酬値下げの話に言及されない。
 そこで、当方から話を切り出した。皆さんが意図しないダウンサイジングの苦境にあるので、協力する姿勢を示しましょうという事で、当面2割カットで対応しますとお答えした。
 我々の顧問報酬の中身は会計・税務の顧問としての仕事と経営に関するサポートも含んでいるもので、こう云うご時世であればこそその存在や役割が重要になってくると勝手の考えているのだが、世間はどうも違うらしい。
 苦境だからこそ値下げか。ここは大いに疑問がある。例えば有能な社員に賃金カットで臨んだら彼は転職を考えるだろう。。
有用なものから欠けていってしまうだろう。それぞれの企業に合ったダウンサイジングの方法がある。カットとシェアリングだけでは解決しない問題もあると云うことだ。
 会長には姿勢を内外に示す為のパフォーマンスには協力するが、業績回復の暁には見直しを要請し快諾を得た。

2010年2月16日 (火)

顧客満足度と利益

 昨日、ちば銀総研主催の公開講演会に参加してきた。
テーマは「勝ち続ける組織への模索」 ~”信じる力”が人を動かす~である。講演者は今をときめく星野リゾートの代表の星野 佳路氏である。
 サービス業のとりわけリゾート運営の旗手であるからか、経営や組織の組成や運営に関心や苦労をしている方々が多いのか、何時もの会場に椅子席まで用意されていてそれでも満席の盛況であった。
 彼の話は米国留学や近代リゾート運営で経験した経営管理手法をふんだんに活用した近代経営管理手法だ。
ビジョンがあって、コンセプトがあって、共感とフラットな組織・遣り甲斐感・成果連動報酬制等がその中身だ。
 ビジョンと価値観の創出はリーダーの専権事項だと云う事も全く同感だ。
話の中で特に興味深かったのは、顧客満足度と利益は必ずしも連動しない、ないしは、利益の足を引っ張る要素も大いにある。利益と関連する顧客満足度要素と云うのがあってこれを充足させていくことが経営だとも云う。もっともだ。
 また、旅客接待サービス業で満足度が高く他の満足度にも大きく影響する要素として「到着時の接遇に対する満足度」が群を抜いてリピート率に直結していると。何事も出会いが大事。
今さらと思いつつ、説得力ある言葉の数々であった。行って損はなかった。

2010年2月15日 (月)

バンクーバーオリンピックが始まった

 バンクーバーでの冬季オリンピックが日本時間の13日に始まった。
彼の地は、その昔、次女がロータリークラブの交換留学生として1年間お世話になった処であり、私たち夫婦もその後半に銀婚式のお祝いを兼ねて2週間ほど滞在した処だ。
現地のロータリアンやホストファミリー達に温かく迎えて頂いた記憶は今も鮮明だ。そしてカナディアンロッキーや深く切れ込んだ西海岸の雄大さも記憶に新しい。
 しかし、テレビで見た開会式は冗長でメッセ―ジ性も乏しくつまらなかった。それに加えてあれだけマスコミが煽った日本の有望競技が悉く無残に敗退していく様は選手が不甲斐ないのかマスコミが根拠のない前評判を撒き散らしているせいか、たぶん後者だろう。
 あまり、根拠のない事を煽りたてていくとそのうち誰も信じなくなっていくのではないだろうか。
メッセージは文責を明らかにして書け。

2010年2月12日 (金)

今日は爽快

 大学での講義要綱(シラバスと云うのだそうだ)をお約束の期日前日の昨日仕上げた。
16コマの講義カリキュラムを作るのは初めての事とて、実に大変な作業であった。
しかし、可笑しなもので、作り終えて講義全体の構想が出来上がってみると、一日も早く学生に会ってみたいと思う今日この頃だ。
 実に忙しい!本当に忙しい気がする!でも、気の滅入る様な忙しさと違う。たぶん、明日に繋がる期待と明るさがあるからだろうと思える。

2010年2月11日 (木)

シラバスって知ってる!

 表題のタームをご存知の方は少ないだろうと思う。
電子辞書で検索してみたところ、れっきとした英語でsyllabusと表記するらしい、意味は大学などでの講義の概要を記したもので、期初に講義の計画書として作成提出するものなのだそうだ。
 なぜ、シラバスに触れたかというと、今その講義概要書を作成しているまっ最中なのだ、財務管理論について、つまり管理会計分野がその対象である。視点は、実務家として実践的管理会計を経営管理体系との関連の中でその位置づけを明確にし、その概要と役割について講義したいと思っている。
前にも書いたことがあると思うが、若者に私の専門分野を通して語ることがしてみたいと強烈に思っていたのだが、それが実現しそうなのだ。大学で半期ではあるが、非常勤講師のお話があって日程調整が大変なのであるが、夢の実現なのだからそうは云っていられない。
 将来のある若者の前で思いっきり思いの丈を語ってみたいと思っているが、シラバスなどと云う初めてで結構厄介なものに取り組んでいる。大変だが、気持ちが高揚しているのも事実だ。
 前回の500回目のブログにコメントを頂いたK氏にもここで感謝を申し上げたい。

2010年2月 9日 (火)

今日で500回

 このブログが今日で500回目となる。
他愛のない事、かなりきつい事、独善的な事、気まま思うままに書き綴ってきたが、思えば感慨深い。
3年目に入って、今思うのは日々PCに向かってその時に思い浮かぶ事柄を即興的に書き綴ることはやってみれば、それ程しんどくもなく、苦痛にも思えなかった。
 最初は張り詰めた思いで始めたものが、何時しか日常的になり日々のノーマルな作業になっていった。今思えば、日々、頭の中を整理するにも大いに役立ったことは確かである。
 この企画を提案し、私の潜在的意欲を引き出してくれた広報委員長の古賀女史に改めて感謝したい。

2010年2月 8日 (月)

3日間の空白

 最初に言い訳をさせてもらえば、先週の3日間ブログが空白になった顛末を書かしてもらうと、
3日から4日にかけてTKC千葉会の中期アクションプラン策定のため富浦ロイヤルホテルに缶詰、5日は税理士会支部の丸一日の会議群、何れも缶詰状態に日々ブログを書く余裕すらなく週末を迎えてしまったということ。
 ところで、この週末は家内と南房一周ドライブと一泊して翌日のゴルフと中年夫婦の週末モデルコースのような過ごし方をした。
 先に書いたが、富浦での会議で通ったコースでも隣に家内がいると雰囲気は一変する。まさにドライブである。
偶には、家を空けて二人の時間を持つのもいいもんだ。家内には会話メニューをもっと豊かしておけと注文をつけておいた。

2010年2月 2日 (火)

租税教室って知ってる!

 午前中、市内の萱田小学校の6年生を対象にした八千代租税教育推進協議会主催の租税教室を視察してきた。
生憎、昨夜からの降雪で混乱が心配されたが、何の支障も無く予定どおり開催が出来た。
今回は6年生5組を二つに分け、一方を千葉西税務署職員が担当し、他方を千葉西支部の税理士3人が担当するかたちで行われた。
 税の知識についての生徒とのやり取りから始まって、配役を割り振っての寸劇で税を考え、税が無かったら社会はどうなるかアニメで見ると云うストーリーで話が進む。
 萱田小の子供たちは明るく、反応も速くスムースに授業は進んだ。
みんなに関心の高かったものは、一億円相当の紙の塊の大きさと重さ、そして、税の無くなった社会をみて、税なくして国家は成り立たないと云う意味を知った事だろう。
 税の意味(負担と使途)の重要性を意識した大人になっていってほしいものだ。

2010年2月 1日 (月)

日本の政治

 昨日、ある人と今の日本の政治状況について話をする機会があった。
そこで出た話は日本の将来は暗いという印象だ。
今の自民党そして政権与党の民主党、また、これに代わって政権を担える政党のないこと、これからの日本にとってはネガティブな材料しかないようなのだ。
 これからどうする、嘗ては、経済一流、政治二流と云われたが、今は経済二流、政治混迷で等級付け難しであろう。
 自民党政権が長く続いたが政権が代わってみて自民党には真の意味での政治家はいなかった事が判明したし、論客ぞろいの民主党は個々に専門性は高いが政治家集団ではない事も判明した。
 日本の政治はつまり、優秀な先見性の高い官僚によって運営されていたことが明白になった。国民にとっては大変不幸なことであり、問題である。
 天に唾すれば自分にかかると云うことだ。
国民は真の政治家を育て、選ばねばならないのだ。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »