無料ブログはココログ

« 大学の講義の最終日 | トップページ | 旅の余韻」 »

2011年1月26日 (水)

今の時代を読み解く

 昨日、大学での後期講座を終えた。最終日は試験後で帰郷した学生が多く男子学生4人と我が事務所と提携している大同生命の女子社員を助手として同行したので合計6人での双方向の最終日に相応しい授業が出来た。会話形式の授業も楽しいものだ。
 さて、今の時代を世代別に解きほぐすと現実が見えてくるようだ。65歳を過ぎた大半の年金受給者はこれからの年金を心配し、働き盛り世代は今後の過重な負担の予感に怯え、若者は内向きでそこそこの人生を考える。男女感で考えれば、草食系男子に活動的な女子。そう云えば、嘗て、厚労省が行った3000人の30~60代の既婚者へのアンケートで45%以上の家庭でセックスレスなのだそうだ。あなたは大丈夫か。
 日本人は何を「目当て」に生きようとしているのか! 国政など構っていられるか、人ごとか!
そこそこ豊かになったと感じることの為せる業か。

« 大学の講義の最終日 | トップページ | 旅の余韻」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今の時代を読み解く:

« 大学の講義の最終日 | トップページ | 旅の余韻」 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31