無料ブログはココログ

« サービス業とは | トップページ | 我がリスク・マネジメント »

2011年3月 9日 (水)

サービス業とは 2

 昨日に続いてサービス業とはについて医療法人鉄蕉会つまり亀田総合病院のサービスに対する認識を通して専門性の高いサービス業の在り方を書いてみたい。
一般に「先生」と云われる人の仕事のスタイルは上目線であることが多いと書いた、世の中もこんな認識できたところも多いだろう。
 鉄蕉会はサービスの成果は患者さまと共に「協働」することで得られるとし、顧客を外部顧客と内部顧客に分けて、内部顧客、つまりスタッフの満足度が外部顧客、つまり患者さまの満足度につながると云う。
専門性の高いスタッフの満足度は報酬の高さとともに重要な要素は「専門家としてのスピリッツ」を充たす事だと云う。
 しっかりした経営理念と内部顧客、つまりスタッフの充実感を充たす環境づくりが経営者やリーダーの役割だ。
亀田総合病院のキャッチフレーズは「ALWAYS SAY YES」だ。

« サービス業とは | トップページ | 我がリスク・マネジメント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サービス業とは 2:

« サービス業とは | トップページ | 我がリスク・マネジメント »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31