無料ブログはココログ

« 蠢動の季節 | トップページ | 充実の日々 »

2012年4月23日 (月)

歴史とおばんざいの旅

 昨年の秋、家内と京都、特に戊辰戦争の戦跡を辿る旅として鳥羽伏見を徘徊し、おばんざいを賞味する旅について書いた。
今回は、昨年直前に発生した東日本大震災のため恒例の事務所の旅行を延期していたが、今回はその時企画した信州の渋温泉へ旅して来た。今回は、善光寺の門前町である長野市街を散策し、レトロ感覚満載の渋温泉でも超レトロ旅館の金具屋に泊まり、翌日、嘗ての京都のお公家「九条家」のご用人市村家支配等で栄えた小布施の町の散策とやたら散策の多かった旅である。
 ご当地グルメと湯の旅も良いが、その地の歴史をたどる旅も一興である。それにしても、事務所の旅行までも私の好みのお仕付だろうか!

« 蠢動の季節 | トップページ | 充実の日々 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史とおばんざいの旅:

« 蠢動の季節 | トップページ | 充実の日々 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31