無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

充実!

 私の一番充実していた時は何時か!と最近よく考えるようになった。結論から行こうか、今である。多分、これからもその充実感は増幅していくように思えている。
 振り返って、一番緊張感のあった時期は何時かと考えてみれば、40代半ばから50代半ばと云ったところだろうか。
 今は、緊張感のあった時期を越え、伸び伸びと将来を考えられるそんな境遇に充実感が漂う。遣らねばならない事柄は山積している。伸びやかに、しなやかに対処していこうと思っている、今日この頃でもある。

2012年5月30日 (水)

上野のお山

 先にも書いたが、今週の初め、或る社福の理事会が上野であり、寛永寺のあるお山を訪ねた。沿道は大木に覆われ微かに漏れる、揺れる日差しが心地よい。
 先を歩いている外国から来たと思しき人が立ち止まっては写真をとる。決まってレンズを空に向け、木漏れを撮っている。この柔らかな日差しは東洋、それも日本、上野にしか残されていないと思える日差しである。
 歴史の知性に偶に触れるのも心が洗われてよい。

2012年5月29日 (火)

現状分析!

 昨日、私が関係する社会福祉法人の監査と理事会があり出席して来た。そこは私が関与した時保育園が2園であった。それが今は9園と発展してきている。順調な歩みであると云ってよい。
 これからは、最近よく云われる幼保一体教育と云う総合化の中で、その存在意義を発揮していかなければならない。ご存じのように幼稚園は園児の募集を自前でやる、一方、保育園は行政からの割り当てである。
 乳・幼児の市場と謂う概念で捉えるならばその優劣はハッキリしている。
世の中、どんなに高品質のサービスが提供できると謂えども、情報をお届けする術の無いものは敗れる事になる。
「現状を分析すること」と「将来の方向性・ビジョンの策定と提示」はどんな組織にも最重要なテーマである。
危機感の共有はもっと重要である。

2012年5月28日 (月)

コンビニ夫婦の秘訣

 私たち夫婦は、同じ職場では上下の関係、家庭での寝室は同室、家は狭くよく顔を突き合わす。こんな関係を彼是30年近く続けている.。彼女も第三者によく続くと感嘆されることがあるそうだ。私もそう思う。
 こんなことをどう説明するかと考えた時、次のような事柄が浮かんだので此処に書いておく。
一つには、お互いに人格の違いを認識しておくこと。二つ目には、現実の食い違いを遣り過ごす余裕を持つこと。この二つに尽きる。何時でも人が羨むような関係を継続することなど出来はしない、無理である。何処かで息抜きが必要である。
 私など、毎週日曜日、妻たちがゴルフレッスンで留守の昼食時に飲むビールの旨いこと。今日は昨夜の私の不用意な発言に妻は激高し会話は今のところない!

2012年5月25日 (金)

ブログ

 このブログを初めてもうそろそろ900回になる。昨日、私のブログを読んで頂いているクライアントの社長をお訪ねしたが、その空白の時間を埋めるのに何の苦労も、説明も不要で核心に至る雰囲気は格別のものである。
 また、ブログの効用を見つけた。それと、わが身に振り返って考えれば、人目に触れる覚悟で書く日記は格別の味であることと心情を吐露する技量も向上したと勝手に思っている。

2012年5月23日 (水)

コンサルティング

 近いうちに、上場企業に対するシステム導入に関するコンサルティングを開始することになった。この分野に関わるための大義についてスタッフに理解を求める必要がある。
 それは、まず第一に、顧問先拡大のため。そして真の目的は大企業に関わることでのノウハウの蓄積である。私の代で終わるのなら、こんな非効率でリスクの高い仕事は取らない。次世代に承継する構想が前提となる。
 田舎の会計事務所の業務もこれからはコンサルティングが主流となろう。その為の布石である。

2012年5月22日 (火)

次世代育成!

 ロータリークラブの奉仕活動に「次世代奉仕」と云う活動がある。将来のロータリアンを育てると云う活動、未来のリーダー育成のプログラム、青少年の国際的交換留学プログラムなどである。
 我が次女を、嘗て、カナダへの交換留学に出した経験がある。素晴らしいプログラムであると、今でも、そう思っている。彼女の人生は変わったとはっきり感じている。決断させて良かったと心から思っている。こんなプログラムを風化させてはならないと思うし、広く日本の若者を海外に出したいと常々感じている。

2012年5月21日 (月)

ドレスコード

 世界で、取り分け日本でクールビズは定着しているようだ。この間のG8でも各国の首脳は誰もネクタイなどしていないし、オバマはノータイでシャツの袖を捲って会議に臨んでいたようだし、写真にもそのスタイルで収まっている。
 世界を挙げて省エネの時代である。批判は色々あるだろうが、服装はその時代を映していると云えよう。歴史上のスタイルを見てみれば歴然であろ。太陽の黒点活動(フレアー)で、最近、スーパーフレアーの活動予測が日本の研究者によって公表されているが,過去にもそんな時代があったようだ。地球の寒冷化の階は温暖化であり、インフレの端緒はデフレであることが多い。
 先を読んで行動する賢さが今の時代、必要なのではないか!

2012年5月18日 (金)

話題に上らない者

 いま、世界の通貨危機が話題になることが多い。ユーロ圏の財政危機懸念のある国々の事が中心だが。いま、逃避対象通貨圏の選択や資産のポートフォーリオに関心が向いているのも事実である。
 世の中、良くも悪くも話題になるものに関心が向くのは自然な成り行きである。が、しかし、話題にもならず静かに鳴りを潜めているものにこそ注意が必要だ。
 例えば、ヨーロッパの先進国の中でEUに加盟しているがユーロ通貨圏に参加していない国を御存じか!イングランドとデンマークである。
 その女王陛下の国々にはユニオンジャックの矢と云われるドバイ、シンガポール、シドニーなどの金融市場があり、そのほか、ニュージーランド、カナダなど多くの国々が英連邦に属する国々である。嵐が吹き荒れるとき静かにしているものがいることを忘れては為らない。

2012年5月17日 (木)

最近の中小企業状況

 中小企業金融円滑化法が再延長された事はご存じのことと思います。この当りの事情からかこの処、毎月の倒産件数は少数で推移している。
 だが、しかしである、貸出条件緩和先で経営が改善されている割合は15%程度と云われている。つまり、その他は倒産予備軍である可能性が高い。
 経営再建ないしは経営改善を実施する場合、どうしても避けられい分岐点がある。それは従前の経営権が保持できるか否かである。つまり、既存の経営責任をどう扱うかであるが、大半の経営者にその経営権を放棄してまで経営の再構築を考える覚悟があるかと云う事である。

2012年5月16日 (水)

業務水準

 今日、顧問先が一件増えた。年一回決算申告先であるが、今は消費税の免税業者はほとんど居ない。従って、経理処理の重点は日々の取引の記録の適時性と正確性にある。しかし、大方の事業者もそれを指導すべき会計事務所もタイムリーな記帳の重要性について関心が無い。
 これから消費税の税率アップが実現すればその重要性は格段に高まる。企業も会計事務所もその重要性に早く気が付くべきだし、指導力を発揮しなければならない。何を考えているのか、と謂いたい!

2012年5月15日 (火)

意見聴取 

 「意見聴取」、初めて聞く方も多かろう。この意見聴取とは、税務署に提出する税務申告書に税理士の意見書(添付書面と云う)を添付した税理士に対して行うもので、ここで問題が無ければ税務調査を省略するという仕組みのことだ。
 今日、その中の一社についてその意見聴取があって千葉西税務署に出向いた。その場では何の問題も無く、追って連絡が来ることになるが、多分、調査省略への道だろう。
 当所にとって初の意見聴取であったが、現実に対応した感触から云って、今後とも積極的にこの制度を活用して行きたいとと思っている。

2012年5月10日 (木)

中小企業のM&A

 昨日、中小企業のM$Aを扱う会社の代表によるセミナーに参加して来た。彼は、嘗て、クライアント企業の売却時のデューデリジェンスで会った会計士である。後で知ったが、私の小学校の後輩だった人だ。
 今回のセミナーも中小企業に関わるものとしては大変示唆に富んだ内容であったので、ここに少々紹介する。
中小企業と謂えども、売買の対象になる企業は業績が良い会社に限られる。それも購入価値が高いものとなる。我が社の将来を描き、実現のための組織作りと運用のノウハウの構築はM&A為らずとも経営の要諦である。
 来年の3月で金融円滑化法の適用が終わるが、この前後から「企業再生型にM&A]が多くなるだろうとの彼の見解である。

2012年5月 8日 (火)

蠅叩き!

 嘗て、テニスクラブに通っていた頃、私流に理論から入ると云うか、科学的・理論的に理解をするのが早道と云う流儀の所為か、東大宇宙科学研究所の教授の書いたテニスレッスンが私のテニスバイブルであった。
それにはこうあったと記憶している。テニスでサーブが難しいのは、昔、人間が木から木へ渡り歩いていた頃は、人の視野は球形であった((でなければ、木から落ちることになる)が、人が二足歩行で平地を歩くようになって人の視野は歪になったと(真上の月より水平線の月のほうが大きく見えませんか)!
 だからだ、自分でトスしたボールが打ちにくいのは?今、家内が飛ぶ蠅をやっつけた。これって天体が球形に見えるお猿のように立体が把握できる能力が高いと云うことだ。何故これで、ゴルフが旨くなれないのだ。その訳を知りたい。今でも理解不能である。

2012年5月 7日 (月)

ゴールデン・ウイークが明けて

 4月下旬から今月初めにかけて、日本の人口移動規模の一、二を争う季節が終わった。今週は長い一週間と為ることでしょう!
 この連休中の行動は、云ってみれば、小出しにした単発型行事にして、人込みを避け良いとこ取りを優先。ゴルフに会食と慎ましく、かつ、引き籠りにて過ごすこと約10日間穏やかに過ごした日々だった。しかも、天気は皐月の頃とは思えぬ天気の悪さで、家に籠るに躊躇も無かったと云えば云える。
 休みの隙間の陽気の良い時にでも、ふらっとドライブにでも行こうか。

2012年5月 2日 (水)

独立記念

 前にも書いたが、クライアントの一社がMBOを果たした。今日はそこの謂わば、独立記念行事に出席の予定だ。我が事務所の関わりについても社長の大いなる評価を頂いて担当者共々充実感に満ちた手応えを感じているところでもある。この他にも、大企業向けコンサルの話もあり、事務所の体制がこれに対応できる様になったことに感慨を覚えている昨今である。
 何故、リスクの高い高度な仕事に挑むのかと問われれば、私はこう答えよう!「対応力は上から下はあっても、下から上は無い、と」。

2012年5月 1日 (火)

R.C会長への道

 昨日、第2790地区の地区協議会と云う、次年度に向けた準備会があった。わが八千代RCからは所定の参加対象委員会委員長エレクト全員の参加を得た。次年度を担当する会長エレクトからすれば大変有り難い協力であり、ロータリークラブの友情に感謝したいと思っている。
 次年度の準備が着々と進む中で、組織の運営を任された時の重要成功要因(CSFと云う)は、まず、構想があり、組織作りと役割分担、そして、到達すべき目標の設定であり、その使命を自覚して自律的に行動・判断してもらえるような準備が出来れば、後は運営上の軌道修正で事足りる。
 人間は、組織に属し、その長になることで人の役割を覚えてゆくのであろうか!

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30