無料ブログはココログ

« 今日は終戦の日 | トップページ | 終戦を語る »

2013年8月16日 (金)

栗林忠道

 昨日、栗林忠道中将について書いたが、その続きである。終戦を前に待ち切れず、「散るぞ、悲しき」を読む前にウィキペディアで調べた。最後の攻撃前に大本営あてに送った有名な「決別の電文」と辞世の句三句(この中に散るぞ悲しきの句がある)がある
 22キロに及ぶ地下壕を掘ってゲリラ戦を指揮し、自軍の三倍に及ぶ敵軍を相手に36日間持ちこたえた。3月26日残存兵400名と共に夜襲をかけ散った、とある。
 昨日、靖国に参拝した閣僚の一人、新藤義孝総務相の祖父は、栗林忠道中将である。彼は栗林の次女のたか子さんの子である。
 祖父が眠る靖国でもある。

« 今日は終戦の日 | トップページ | 終戦を語る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/58001652

この記事へのトラックバック一覧です: 栗林忠道:

« 今日は終戦の日 | トップページ | 終戦を語る »