無料ブログはココログ

« 栗林忠道 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

2013年8月20日 (火)

終戦を語る

 終戦の日前後に、過去、と云ってもそんなかけ離れた過去ではない。私の父母や祖父母が体験して聞かせたそんな過去である。
 先の日曜日にNHKのドキュメンタリー「緒方貞子」を見た。85歳の凛々しい姿があった。毅然として、信念に生きる神々しい人だ。
 彼女のUNHCR入りの源点は「何故、日本は戦争に突入して行ったのか」である。そこには冷徹に分析できる人物がいる。知ることはたやすい、分析し生かせる人は少ない。この稀有な人、つまり「緒方貞子」がそこにいる。
 日曜日、映画「少年H]を見た。庶民目線の戦争批判である。胸に沁みる。貞子は云う。「内向き、それは無知に通じる」と。
 

« 栗林忠道 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/58029910

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦を語る:

« 栗林忠道 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30