無料ブログはココログ

« ミャンマー視察行 3 | トップページ | 今日はボジョレ・ヌーボー解禁日 »

2013年11月19日 (火)

ミャンマー視察行 4

 シリーズで書いてきたミャンマー視察、これが最後のシリーズです。最近のミャンマー情勢について感じたことを率直に書いてきました。今回はミャンマー人の生活や信条について書いてみます。
 ミャンマー人の90%は敬虔な仏教徒であると聞いていますが、ヤンゴンの市内でも多くのパゴダがあり、中でも、創建2600年のシェダゴン・パゴダはミャンマー最古で最大のパゴダであり、民主化の先がけとして、この寺院の前でのスーチーさんの演説は有名です。
 我々も、夕食後8時ごろこの寺院を訪れましたが、多くの信徒が訪れており、若い男女、幼子を連れた夫婦、僧侶と話す若者といった、様々な人々が参拝していました。宗教が生活の中にあることを実感するとともに、仏や人、様々なものに手を合わせる心豊かな心情が伝わってきます。
 私が東南アジアを訪れるときに感じる共通する印象は、この上座部仏教が故の安らぎなのでしょうか!

« ミャンマー視察行 3 | トップページ | 今日はボジョレ・ヌーボー解禁日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/58603421

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー視察行 4:

« ミャンマー視察行 3 | トップページ | 今日はボジョレ・ヌーボー解禁日 »