無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月27日 (金)

歴史と国際感覚

 いま、「歴史のつかみ方」という新書を読んでいるが、日本史を見る方法や歴史学とはという学校では学ばなかった歴史の見方について興味深く、示唆に富んだ本である。
 歴史は過去を振り返るものだし、同時代の世界史とも見比べることが出来て大変面白い。現代の事象も当然に世界を視野に入れた歴史づくりが必要なのではないか。
 何事も独り善がりな言動は慎みたいものだ。 よいお年をお迎えください!

2013年12月26日 (木)

これからの事務所経営

 今年も余すところ2日、明日をもって本年の業務を終了する。通年を振り返るのは、何時も下田へ向かう車内だ。手帳とその年のブログ集をもって振り返るのである。
 今、直感的に振り返れば、変化の多かった年である。仕事、取り巻く環境、家庭と。
来年の年頭にすることは、今後の方針の再確認と現状の見直しであろうか。何れにしても、将来を見据え、世の中の事象に柔軟に対応していける組織体をつくり、運営していきたいと思っている。

2013年12月25日 (水)

もうすぐ64歳

 この27日金曜日に64歳の誕生日を迎える。来年の今頃は年金受給者である。月々20万円程度の年金が入る予定だ。私の年金は国民年金の基礎部分と独自に積み立てた国民年金基金部分から成る。従って、確認はしていないが、所得制限等はないものと思っている。もしあれば、所得内容を変更すればよいだけだから問題はない。まあ、これ以上詳細は避けておこう。
 何れにしても、年金受給者という立場は、これからの人生観を変える一つの要素となるであろう。暫く、現役は続けることになる。後続部隊にバトンタッチするまでは!

2013年12月24日 (火)

連休

 この連休は誠に優雅に、何の拘りもなく過ごした。初日は背中を痛めた長女を置いて家内と久々のラウンド。連休にしては予約が取り難かったものの何とか潜り込んでキャディ付きのツーサムで廻ったのはよかったが、前を回る二組はセルフの初心者集団。日没アウトのリスキーなラウンド。少しは後続組に気を遣うぐらいしろよ!勤務先では如何なっていると気を揉めば気配を察したキャディが忠告。こんなラウンドだが、久しぶりだったのと家内と気さくなキャディのお蔭で結構楽しかったし最終ホールの164ヤードの二打目をピンハイにつけたショットはその晩の睡眠薬であった。後の二日は只々ボーっと過ごす。これもいい。来週は下田である。

2013年12月20日 (金)

ヘイト・ジャパン、ヘイト・コリア、ヘイト・チャイナ

 最近、穏健な出版社系の週刊誌でも実はあーだ、コーダと些末な、矮小化された非難がましい記事や実はという内情告発記事が矢鱈と目に付く。
 識者が言うところの、ナショナリズムの台頭ということか。非難や告発の応酬から何か新しい関係が生まれるというのか。
 人は言う。相手がこう云った、だから反論する。非難する。実は、国民一人一人は何の偏見もないということが多い。国際交流の本義は民間交流に有り、です。

2013年12月19日 (木)

総集編 その1

 今年の大方の行事は完了に近づいた。このブログも次回で1100回を数える。
最近のHPの表示順位についてもブログを書く回数に閲覧回数は比例し、閲覧者は変化のあるものに敏感に反応する、ということも重要な経験であった。
 前に書いたが、うちはこのHPを含めて3つのサイトを運営している。最近、このサイトのほかの営業用サイトで私のほかに順番にスタッフがブログを公開したあたりから、検索画面の順位が入れ替わった。これによって、一のも二にも世の中の関心度数は情報発信内容の多様性と回数に比例することが判明した。貴重な体験である。
 これまでの経験とトレンドと先見性を生かし、時代に合った会計事務所運営を心掛けていきたいと思う。

2013年12月17日 (火)

ホールインワン

 今朝、税理士会支部の12月5日のコンペで同伴競技者が15番ホールでホールインワンをした。前の組が打たせたので合計10人の目撃者がおり、かつ、間近での詳細な目撃情報もあった。しかし、もっと劇的だったのはゴルファー保険加入がその月初だったと告白された時である。皆がやっかみ半分にこれはきっと保険会社からの調査が入ると脅かしたのだった。
 今日は同伴競技者の証明サインを求められてお見えになったが、何時当事者になるか知れないので、事務手続きだけは聞いておいた。はて、保険に入って早20年、その日は来るのだろうか!

2013年12月16日 (月)

落ち葉は、また、積もる !

 いま、次女が我が家に居候していることは前に書いた。その娘に家内が風で散った木の葉を掃き集めるように命じたらしい。確かに集めた収集袋は私も見た。それと同時に又もや、いや、もっと大量に落ち葉が溜まっている様子を見た次女が折角掃いたのに!と宣うたそうだ。
 其処で家内は「じゃあ、どうせウンチになるんだから食べるのを止めれば!」と返したと云う。この話をその夜の二人の団欒で聞いた。将に、絶妙!家内にしてあっ晴れな切り替えし。流石はわが女房。

2013年12月13日 (金)

OMOTENASI !

五輪招致合戦のプレゼンテーションであの美女が「お も て な し」と遣って評判になった言葉である。おもてなしと云い、絆と云い、最近よく使われる言葉である。
 種々の要因はあるものの、ひとの口に上ることの多いこの言葉が言葉として表現されたとたんに厭になる。もてなしはHOSPITALITY、絆はBOND。古今東西、こんな言葉は口に出して確かめたり、確認しあう手合いのものではないような気がしている。寧ろ、口にする空虚さだけが響いている。

2013年12月12日 (木)

貴方は引くタイプ、押すタイプ !

 別に、性格や行動様式について述べるつもりはない。昨日、法人会の研修講師を引き受け、その後の忘年会でクライアントの渡辺さんと会話していて筋肉の衰えについて話題になった。この時は筋トレとストレッチの話で終わってしまった。
 今朝、トイレのなかでその話を思い出し、そう謂えば、太腿の後ろのハムストリング筋は屈筋か伸筋か、どちらだろうと思ったら、問題が次々と展開してしまった。
 ご存知のように筋肉は伸筋と屈筋、白筋と赤筋がある。日本人は引く力を使うほうが得意だし、西欧人は広げるほうが得意と聞いたことがある。日本の刀は引き切りであり、西欧は叩くか突く。日本の鋸は引き挽きだし、西欧のそれは押挽きである。
 筋肉の使い方が違えば得意なスポーツも異なることになる。好きなスポーツのための筋トレが存在することになる。

2013年12月11日 (水)

下田行き

 今年も大分押し詰まってまいりました。何時ものように忙しく日々は過ぎ、気が付けば師走、ブログも一週間もご無沙汰でした。何かと気忙しく暮らしています。
 ちょっとは自分の時間を持ち、じっくり物思いに耽りたいと思う今日この頃です。まあ、そのために恒例の下田行きがあるのかもしれませんが、その合間にもちょっとの息抜きはほしいものです。今年の予約は完了し(スーパービュー踊り子のグリーン席は横3列で、2号車は海側が一席であることをようやっと発見しました)、後は持参する本の選定が残るのみです。

2013年12月 4日 (水)

初心に帰る

 RCの会長を務めた時も「温故知新、不易流行」と云い、大学や経営者向けのセミナーでも「初心に帰る、原点回帰」と云う。道に迷ったときは元に帰る、そこからまた始めると云う。
 人に言うは容易い、しかし、自分のこととなると話は別だ。最近の悩みはゴルフだ。MAYが来たお蔭でラウンド数がめっきり減った上に、フェヤウエーからのウッドが低いスライスしか打てなくなっていて悩みは深かった。
 今週末のラウンドに向けて不安を払しょくしたいと練習に赴いた時のことだ。あれこれ試すが段々悪くなる一方である。滅入ってきたところで、嘗て、取り組んだことのあるハーフショットの練習を思いついた。これが将に嵌まった。
悪かったところが歴然と見えてきた。原因が分かれば怖くはない。後はコンスタントに反復できればよい。
 渦中に入って原点を見るのはかくの如く難しい。しかし、糸口を持っていることは重要だ。後は、発見である。

2013年12月 3日 (火)

犬は夢を見るのか!

 週末は長女の同僚たち8人の若き女性会計士に囲まれてうちのMAYは終始ご機嫌であった。その夜は早々と就寝。昨日はいつも通り、夕食後の解放タイムを楽しんで、ハウスに引き取り、すやすやと寝息を立てておやすみである。
 「最近、鼾をかかなくなったね」、「犬って夢を見るのかな」。私の経験でいえば、鼾をかいているような疲れ果てた時は夢を見ないんじゃない?勝手な想像だけれども、気持ちよく寝ているときに夢は見るんじゃない?
 いい夢、悪い夢、そして、夢を見ない。どこに違いがあるのだろうか。そう謂えば、最近は悪い夢さえも見たことがない!

2013年12月 2日 (月)

週末

  娘がシンガポールに行って、楽しそうな写メが届くとあれは何なのかとも思うが、兎も角、楽しければ問題ない。
昨日からもう、師走。土曜日はTKCの会議と商工会議所での「創業塾」の最終講義と終了式に出席、日曜日は娘の同僚8人がうちの「ニノキン(二宮尊徳像のこと)」の尊顔を拝しに参るとて、若い女性が8人も我が家に来るとて大いに張り切るも、全員女性会計士となると話題の切り出しも難しく、季節の良い時にバーベキューパーティーをしましょうとお誘いするのがやっとの態。
 夕方は、次週の週末のコンペが心配の女房に付き合って、ゴルフの練習に、大変充実した週末!であったのだ。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30