無料ブログはココログ

« 総集編 その1 | トップページ | 連休 »

2013年12月20日 (金)

ヘイト・ジャパン、ヘイト・コリア、ヘイト・チャイナ

 最近、穏健な出版社系の週刊誌でも実はあーだ、コーダと些末な、矮小化された非難がましい記事や実はという内情告発記事が矢鱈と目に付く。
 識者が言うところの、ナショナリズムの台頭ということか。非難や告発の応酬から何か新しい関係が生まれるというのか。
 人は言う。相手がこう云った、だから反論する。非難する。実は、国民一人一人は何の偏見もないということが多い。国際交流の本義は民間交流に有り、です。

« 総集編 その1 | トップページ | 連休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/58787369

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイト・ジャパン、ヘイト・コリア、ヘイト・チャイナ:

« 総集編 その1 | トップページ | 連休 »