無料ブログはココログ

« 企業経営の視点 | トップページ | 狷介固陋 ! »

2014年1月22日 (水)

先進国は物づくりに励むべきか

 私は所謂、ITディバイドである。モバイルPCやスマホは持っているが、使い方は初級者である。
PCは計算機能をその源流に持つもので、これを回線で内外に結んで、通信機能をプロトコルによって情報交換機能を備えたものがインターネットとも謂える。
 そもそも、開発思想がハードとソフトに分離され、物的工業製品と知的工業製品の融合体である。ハードは製造コストに左右され、ソフトは先端的開発能力を要求されるというのが一般的な見方だそうだ。
 しかし、これから求められる最先端技術がハード・ソフト一体型を求められるのだとすると、これに適応できる国はどこか。
 物づくりと使い方技術の交差点こそ日本なのではないか。と思っている。

« 企業経営の視点 | トップページ | 狷介固陋 ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先進国は物づくりに励むべきか:

« 企業経営の視点 | トップページ | 狷介固陋 ! »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31