無料ブログはココログ

« 再び、祈り | トップページ | 人材育成 »

2014年6月26日 (木)

油断・予断と殉職

 今日のテーマは今週初めに廻ってきた東北の南三陸町と石巻市の惨状を語る「語り部」の話を聞いた感想である。
 地震や津波の多発地帯で対策も心の準備も出来ていた筈なのにあんな悲惨なことになってしまったことへの問題を探っていて、行き着いた私の結論である。
来る筈がない、来てもこんなもんだろうという思い込み、そして、仕事で関わった人々の律義さ。全て、今の日本人の風情であろうか。
 これは、何も災害だけに止まらない、企業経営、人生でも然り。今日もスタッフに監査にあたって「健全な疑問を持って当たれ」と説いた処だ。常識や安易な体験談に迷わされてはいけない。

« 再び、祈り | トップページ | 人材育成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/59879505

この記事へのトラックバック一覧です: 油断・予断と殉職:

« 再び、祈り | トップページ | 人材育成 »