無料ブログはココログ

« 地方の活性化 | トップページ | 向上の為の要件 »

2016年9月13日 (火)

束の間の独身生活

 7日から6日間、家内と長女が彼女が通ったカリフォルニア州立大学チーコ校のキャンパスを尋ねる旅に出て、束の間の独身生活の身となった。これで今年は二度目の独身生活だ。一度目は次女の引っ越しと入院、そして今回と一週間程度の独身生活。まづ、気分は何の気兼ねもなく爽快、ただ、毎度の食事と洗濯、掃除と日常の煩わしさが一週間もすると限界に近い。
 最近特に考えるのは死亡リスクより生存リスクの増大への懸念(取り分け、認知症などによる介護状況の現出だ)。健康な老後を送るに越したことはないが、万が一のこともある。今から備えなければならないことは、介護保障に事業や資産のスムースな承継準備だ。私もこの歳、準備は決して早くはない。

« 地方の活性化 | トップページ | 向上の為の要件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/64198218

この記事へのトラックバック一覧です: 束の間の独身生活:

« 地方の活性化 | トップページ | 向上の為の要件 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31