無料ブログはココログ

« 向上の為の要件 | トップページ | 遅れた夏休み »

2016年9月20日 (火)

ハドソン川の奇跡

 皆さんもご存知の「ハドソン川の奇跡」は2009.1.15 15:30、ニューヨーク、ラガーディア空港を飛び立ったUS1549便がバードストライクで両エンジンの推力を失い208秒後にハドソン川に不時着したあの事件である。アメリカン航空の機長はチェズレイ・サレンバーガー(元空軍戦闘機パイロット)である。乗客乗員155人の全てが救助され、彼らクルーはオバマ大統領の就任式に呼ばれ、全米、世界の英雄となった。しかし、他にも多くの英雄が存在したのだそうだ。この不時着を目撃したあるフェリーの船長(ヴィンセント・ロンバルディ)の呼びかけで多くのフェリー等が乗客を乗せた儘救助に当たった。それは不時着後95秒後のことだった。多くの勇気と決断が全員の命を救った。
 サレンバガーは云う。「この事態を冷静に受け止め、死を覚悟した」と。乗客には一言「BRACE  FOR IMPACT(衝撃に備えよ)」の一言だけであったと。

« 向上の為の要件 | トップページ | 遅れた夏休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/64230033

この記事へのトラックバック一覧です: ハドソン川の奇跡:

« 向上の為の要件 | トップページ | 遅れた夏休み »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31