無料ブログはココログ

« 中小企業の品格 | トップページ | 国家の品格 その後 »

2017年2月24日 (金)

技術移転と創造性と

 台湾・中国や東南アジア諸国の近代化のスピードは凄まじいものがある。嘗て、日本や欧米先進国の生産拠点として重用され、今は世界の工場である。
 工場は物を如何に効率よく安価に生産できるかにかかっている。生産技術はある程度の教育水準と勤勉さがあれば移転はたやすい。早く豊かになりたい国は当然にあからさまにその技術移転を迫ることになる。
傍や、先進国はその上を行く生産効率と高度化を求められるし、常の追われる立場にあると云ってよい。
 戦後日本(維新後と云ってもよいが)の目覚ましい工業化やGDPの急拡大の背景は米国の惜しみない技術移転と安全保障上の優遇にあったと云ってよいが、これからの日本の立場は今までとは大きく異なる。先進国としての世界的視野での見識を問われるであろうし、政治・経済・社会のあらゆる局面に対して創造性豊かに対応してゆかんばならない使命を持っていると思っている。
 そのために民主主義は必携だし、創造性の育みや教育水準の向上と規範教育は最重要事項だ。

« 中小企業の品格 | トップページ | 国家の品格 その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/64933123

この記事へのトラックバック一覧です: 技術移転と創造性と:

« 中小企業の品格 | トップページ | 国家の品格 その後 »