無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

いよいよゴルフシーズンの幕開け

 3月も末になってみぞれ交じりの雨が降ったりと、春も遠のいたのかと思わせるような陽気も有ったりしたが、やっと春の訪れを予感させるような空気のぬくもりを感じるようになってきました。
 これからが春本番、2日にプライベートラウンドをした後は来週再来週と予定が入り、その後一か月先延ばしにした確定申告後の打ち上げゴルフを宮古で堪能と予定はぎっしり。
 やはり、アウトドアは緑に囲まれ温暖な空気の中のプレイが一番である。今は気もそぞろである。

2017年3月28日 (火)

年度末

 今週は日本でいう所謂28年度末の最終週である。この時期、学校は卒業時期だし、官公庁も移動時期である。企業の多くもそれと同じだ。人が動く時期である。人それぞれの年度末、期末、年末は日本人の場合どこが拠り所、区切りと考えることが多いのだろう。人生は年末、事業は期末、世の中は年度末。日本ではこんなところか知れない。
 皆さんはどの区切りが大事ですか!

2017年3月27日 (月)

会社説明会

 午後、二回目の会社説明会を開催した。WEB系の就職サイトで希望した5人の大学生の卒業予定者に対して説明と質疑応答をした。前回よりもまあ増しであったが、如何せん頼りない印象が先に立ってしまう。日本の若者は何時からこんなに頼りなげになってしまったのだろうか。
 いつも言うが、日本にやって来る同年代の若者と比べても幼い、頼りない印象が先に立ってしまう。常識を知らない知識が無い、教養が無い、勇気がない。無いもの尽くしのオンパレードだ。将来が危ういとつい思ってしまう。我が子もそんな中に入るのだろうか!

2017年3月23日 (木)

孫の成長

 今、次女が孫を連れて実家に帰っている。2歳半の男の子はジジ・ババと心優しいゴールデンの雌と静かに暮らすシニア家族を嵐が襲う如く毎日吹き荒れている。
 それでも一年前に比べれば天と地ほどの差のある成長ぶりである。嘗てはママなしでは何事も始まらなかったのだが、今はMAYともに散歩が出来るし、ジジと踏切で電車の行違う様を堪能も出来るようになった。大変な成長である。が、しかし、うるさい時は半端なく喧しい。

2017年3月22日 (水)

世の中の在り方

 豊洲市場移転問題で大騒ぎしている日本、一国主義を振りかざすアメリカ、EU離脱が具体的日程の入って来た英国、観光客の減少やエネルギー問題で問題を抱えるフランスと、まあ、各地色々な問題を抱えていてこれだけ見ればお先真っ暗とも思えてくる。
 一方で人口減少に悩む先進国に貧困や人種間紛争に明け暮れる発展途上国とこれも問題を挙げれば色々である。
 地球規模で明るい未来は期待できないのだろうか。人口減少は経済成長の制約要因なのだろうか。豊かさと経済成長は同義だろうか。色々、疑問は噴出する。
 成長についてのシュンペーターの考えもあるし、豊かさの経済についてもジョン・スチュワート・ミルやケインズのような考えもある。
 世の中、単一で統一的な思考で豊かさを語れない複雑系の中に人は生きている。

2017年3月16日 (木)

庭の芝が青くなってきた

 クライアントの業者コンペに参加してきたが、そのターフの薄いこと、全ての芝は冬枯れで、かつ、雨上がりと来た。もうこれはゴルフにならない。全てと云っていいほどフェアウエーは芝が薄く、カジュアルウオータ扱いも儘ならない、と云った按配である。こんな場面に遭遇したら、只管、春の到来をそして青い芝生が生え揃うことを切に願うしか手はない。
 そんな季節、庭の芝生に青いものを見つけては一時も早く生え揃う事を願う今日この頃。4月の声を聴けばもうそろそろOKか。そう謂えばSUVのスタッドレスタイヤももう衣替えの時期。

2017年3月14日 (火)

イノベーション

 いま、中公新書の「人口と経済」吉川洋著という新書版を読んでいる最中だが、テーマは人口減少が即経済の停滞につながらないと云うアンチテーゼである。過去の人口動向や各国が経験した人口の変化と経済の関連を実証立てて通説を否定していて、少々元気の出る書物である。
 その命題は「イノベーション」である。イノベーションの中身はシュムペーターが言う「新結合」だし、規制緩和である。
 新機軸を実現させるには守旧派や規制を大胆に外し、既成勢力の抵抗を抑え、イノベーション環境を整えてやるのが先見的な政治家の遣ることだと思える。期待したいし、応援もしたい。

2017年3月13日 (月)

解放

 世に、解放感と云う言葉がある。今将にその気分だ。確定申告の目途が立った瞬間と云うやつだ。業界を知らぬ者には解らない気分のことである。これも日本列島に桜前線の開花情報が流れ、日に日に空気が温んでくるこんな季節が日本の春の訪れである。気分も高揚すると云うものである。
 がしかし、私的には晩秋の空気の澄み切った冷涼な空気の方が好きである。春は何だか粉っぽい雰囲気である。トレンドは矢張り、晩秋から身の引き締まるような冷たい風の吹く季節が良い。矢張り先祖は縄文人のせいだろうか!

2017年3月10日 (金)

最近の家庭事情

 先月から次女が長男を連れて里帰りをしている。4月一杯の滞在だから先が思いやられると云うもの。婿はシンガポールへ長期出張で二人目を妊娠しているところから大事を取って実家への里帰りを勧めたようなのだ。娘や孫が近くに居てくれることは歓迎だが、これが長期で何かと気を使うような局面が多く為ると気が滅入ることも増えるものだ。
 何れにしても、私たちも歳を重ねるごとに近くに身内のいることが心強いのが本音である。しかし、煩わしさも上記のような事情も持ち合わせているのだ。中々思うようにならないのが世の常であるか!

2017年3月 9日 (木)

確定申告も終盤

 確定申告期限もあと一週間に迫り、最早終盤である。今回はスタッフの一人が退職し可成りタイトな中での申告手続きであったが、ここへきてゴールが見えてきた。
 昼食時も何となく心も軽く気も楽な会話が妻と出来たのも経営者の持つ重い責任をしばし忘れることが出来る、そんな気分になれるからである。
 陽気もいいし、空気も暖かく感じられるし、どこかへ出かけたい気分にもなろうと云うもの。今月は予定が無いが来月辺りからゴルフに温泉と行きたいものである。

2017年3月 2日 (木)

ブログ掲載1500回記念

 今日でこのブログを書き始めて1500回目となる。2007年10月1日から書き始めてよくもここまで来たものである。ゆりのき広場という自前のウェブサイトを立ち上げるに当たって、我が広報委員長のお下知でウィークデイは毎日私のブログを掲載することが義務付けられたのだ。そこから約9年と半で1500回も徒然に気ままに気負うことなく淡々とこなしてきた。別に唸っても出てこないような日は一度もなかったし、そんな日は書かなければいいだけの事だった。これからも気負うことなく心に浮かんだ事柄を綴ってゆきたいと思う。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »