無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

8月の懸案事項は全て解決

 ギリギリではあったが重要な懸案事項が3つ片付いた。今はホッとすると共に選んだこの職業、そして、この境遇に誇りと感謝の気持ちでいっぱい。
こんなことが偶にはあってもいいでしょう!今、うちの30周年記念のプロローグ・ビデオのプランを見せてもらった。涙が溢れた。来し方を振り返り、これからの歩みを示すと云う企画だが、なぜか感傷的になってしまう。「これからも地域とともに成長していきたいと考えています」、ほんとに!

2017年8月30日 (水)

今月末は多忙

 大型の相続税案件の申告期限の到来や大型の不動産の法人化がこの月末に期限を迎えている。これらは一年近くの検討期間を要した、謂わば、難解な案件である。資産家で不動産管理会社をお持ちのクライアント案件であり、もう一つはバブル期の行き過ぎた節税案件の再建案の実行である。何れもレアケースで人間関係が複雑であることに共通性があった。
 両案件とも複雑な人間関係を乗り越えての解決であることに一入の感慨を感じるとともに、コンサルは論理的なスキームだけでは解決に導けないのだという事を実感した案件でもあった。今はホッと一息である。

2017年8月28日 (月)

時は流れて30年

 今年の6月で私がこの地で会計事務所を開業して30年が経つ。10年毎に祝賀会を開いてきたが、今振り返れば夫々の10年に意味があった。最初の10周年記念パーティーは病を得て障害者になった父に今後の愁いを残さなくていいところを見せたかった。次の20周年は新事務所の竣工を兼ねていたが自分へのご褒美とこれからの意気込みを内外に知らせたかったのだ。そして、この30周年記念パーティーは我々の今後の取り組みと承継のメッセージを込めたものになる。
 時代は10年区切りで展開してきたようだ。

2017年8月25日 (金)

協調と同調

 今日ロータリーの例会で「働き方改革」というテーマで講演を聞く機会があった。講師は労働関係畑の方で日独の労働に関する違いと特徴についての話でした
 その中で出たキーワードを二つ書いてみる。「協調と同調」・「労働者保護と消費者保護」どちらが日本でどちらがドイツでしょうか?
忘れてました。テーマは日独の労働生産性の比較でした。

2017年8月24日 (木)

フィンテックとI oT

 フィンテックはファイナンスとテクノロジーの融合、I oTはインターネットとモノとの融合(繋がり)を謂う。前者はカネとサービスの繋がりであるのに対して後者はサービスとモノとの繋がりである。ワタシ的に言えば生活にモノないしはサービスが介在しない生活は考えにくいし、第一、実感がわかない。
 サービスを生業としている私でも利益は肯定できるものの、カネが金利を生む、金融債権が利息を生むというのには違和感がある。カネが利益を生むと云うよりはモノやサービスで満足を得ると云う構図の方が安心できるのである。従って株(ストック)投資はするが債権投資はしないのが私の投資の流儀である。

2017年8月23日 (水)

社長塾(2017)が終わった

 昨夜、社長塾の11期のファイナルを終えた。今期は参加者も19名と多くかつ4回以上出席者が17名と出席率もよかったのが特色である。塾後の懇親会で内容が難しかったとのご指摘も頂いたがこの後に控える「経営力強化塾」でご自身の会社をテーマに経営の見直しを行うためのフレームワークの学びであると伝えておいた。見よう見まねの経営程危ういものはない。経営のアウトラインをしっかり掴んだ上で我が経営に取り組むのが良いと考えていてプレセミナーという位置づけで学んでいただいたものだ。

2017年8月21日 (月)

姫の帰宅

 昨日、次女の長女が我が家へ帰宅を果たした。産まれたてのあばた顔からすっきりとした肌に小づくりの顔、流石に女の子は違う。顔も表情も泣き声もすべてが優しい。
 道理で我が家では女の子しか育てたことが無かったので初孫の腕白さには目を見張ったが、同じ兄弟でもこれだけ違うとやはり雌雄は全く別物だし、扱いも違うと思える。対等や平等などこの世界に無い。その違いを認識することから人間関係は始まるのだろう。

2017年8月18日 (金)

姫 誕生 !

 このブログをお休みしている間に次女に二人目の孫誕生である。しかも、娘も待ち望んだ姫の誕生である。長男である孫が嫉妬しなければよいがと思うのは老婆心(ジジの)だろうか。
まあ、何れにしてもこちらサイドもスタンバイが解けて良かったし、何よりも健康そうな姫の誕生で我が家もホッと安心と云った処です。
 孫も揃ったし後は事務所の承継と終末期に向けての態勢づくりである。ゴールデンエイジをどう過ごすかこれからの大いなる課題である。

2017年8月15日 (火)

ヒーロー

 昨夜、出産で帰省している次女に「コードブルー」というフライング・ドクターやスタッフの活躍と成長を描いて人気だと云うTVドラマを見せられた。若い使命に燃えたドクター達が主人公であり、できごとを通して若いドクターが成長してよく姿は若者でなくともその躍動感や使命感が伝わりカッコいい。でも、今回のストーリーの中で救出された年配のレスキュー隊員が部下の救出の手際の悪さを悔やみそれを優しく見守る妻。こんなのがやけに説得力を持つのだ。
 人生は若くカッコいいものだけが全てではない。日の当たる様な経験だけでなく苦渋に満ちた経験をも持つシニアにこそ人生の厚みを語る資格があるのだ。

2017年8月14日 (月)

二人目の孫が

 近く二人目の孫が誕生予定だ。今週の金曜日が予定日だが早、予兆が見え隠れして将に臨戦態勢。婿殿は好きな酒も飲めず、緊急出動に備えねばならない日々。これとて産みの辛さと云うもの、子の誕生で何もかも吹き飛んでしまうだろう。
 それにしても10月10日、何とも気の揉めることだろう。今度の孫はどうも姫のようだ。楽しみである。

2017年8月 8日 (火)

立秋

 昨日が二十四節気でいう立秋に当たる。これ以後の暑さは残暑と云うとある。がしかし、その残暑の凄いこと、台風5号の去った関東地方もその湿気で不快そのもの、明日はまた酷暑の予想だ。一体何時までこの酷暑は続くのだろうか。いい加減にしてもらわないと頭脳も正常に働かないし、気力も萎える。蝉の声より鈴虫の音を一刻も早く聞きたいと思う今日この頃である。

2017年8月 7日 (月)

たちの悪い台風が !

 ここ数週間は台風5号とかいうたちの悪い台風が太平洋上を左回りに旋回し、挙句果てに日本列島を縦断する気配である。これはもう日本列島に怨みでもあるような行動としか思えない。
 今週10日の木曜日は今夏猶一のリゾートでのゴルフだと云うのにやけに気の揉めることなのだ。誰も彼も我々夫婦から夏の高原行きを阻むような意地悪が続く。ひょっとすると秋もダメで冬と云う事なら責めて年末の下田行きは邪魔が入らないことを祈るのみだ。

2017年8月 3日 (木)

子供の仕事は悪戯

 昔、スペインだかイタリアだかの映画に「汚れなき悪戯」というあのギターの奏でるテーマソングでも有名なあの映画があった。子供の純粋さやその死に涙したものだ。
 今朝、朝食時に孫が「子供はイタルラ(悪戯のこと)がオシゴトなの」という。もっともだ、よく分かっているなと感心したので今書いている。
 小さい頃の悪戯や失敗がその後の人生を豊かにするとずーと前から考えていたからだ。いっぱい悪戯して、そして、失敗を重ねなさい。いい子に育つと思うよ !

2017年8月 2日 (水)

成功した事業家は政治家に向くか !

 また、アメリカでは側近を切った側近が解任されている。側近はブレインである、リーダーの構想や方向性を内々で検討し、指示の方向性やタイミングを計る重要な役割がある。故に、その能力と共にチームワークも重要な筈だ。がしかし、かの国ではそれが叶わないらしい。
 今週初めの日曜日、深夜のNHKで英国女王ビクトリアを主人公にしたドラマが始まった。視聴した後早速連続録画のボタンを押した。彼女は63年間にわたって江戸末期から明治中頃までの大英帝国時代を築いた時の女王である。
 時代はそれにふさわしいリーダーを生む。今のアメリカはそんな時代なのかも知れない。これからの世界のリーダーは何処にいる?

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31