無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月27日 (水)

わが事務所の御用納めです

 本日でわが事務所は御用納めである。会計事務所としては早い御用納めであろう。ふつう今頃御用繁多の事務所が多いだろう。がしかし、うちは仕事が早いのか数が少ないのかよく分からないが、兎に角、御用を収めるのは日頃から早い!
 来春は5日からの業務開始も遅いのだろう。年末から正月にかけて一年の計を決めなければと思っている。明日から下田で!

2017年12月26日 (火)

年末

 うちの事務所は明日で年内の業務を終える。新年は4日からである。約1週間ほどの年末年始の休暇である。最近の年末はクリスマスや歳末の慌しさがほとんど感じられない。寧ろ、10月末のハロウィンとかいう訳の分からないお祭りが話題になる世相だ。昔の年末の喧騒からはほど遠い昨今ではあるが、じっくり、ゆく年くる年を考えるのも「大人の趣」があってよいと思う。
 今年の下田は二人でゆっくりだ。スーパービュー踊り子のグリーン席は発売日からいっぱいだ。観光地が賑わうのはいいことだ。どんな階層と出会えるのか楽しみである。

2017年12月25日 (月)

新しいテレビ

 先週末、11年使ったプラズマテレビから液晶テレビに変えた。序でに壊れていたDVDプレイヤーも購入したから思い出のホームビデオをかけてみた。幼い子供たちの思い出や洋上教室の様子など零れ落ちるように昔の思い出が甦る。
 子育てが遠い昔の様に思えてくる。世紀の映像と云う番組があるが、将に我が家の世紀の映像である。

2017年12月21日 (木)

この時期、沖縄 !

 17日から4日間沖縄にゴルフに行ってきた。宿は何時ものあのブセナテラス。周辺のゴルフ場で過去に行ったことが無く、かつ、近くのコースで宮里兄弟の練習場だと云うベルビーチに、同じテラス系のジ・アッタテラスゴルフリンクスを廻った。12月のこの時期の沖縄は初めてだがどんより雲厚く、まるで本土の梅雨入りを思わせるような塩梅。考えていたよりもずーっと寒く、用意した半袖は袖を通す機会もなく持って行ったセーターが役立ったのだ。
 この時期、休暇が取り難いのが普通の会計事務所だが、私は違う。お蔭で、夏休みの代替を満喫できたのだ。
沖縄本土ならやはり、ブセナである。今度は何処のコースを周ろうか!

2017年12月14日 (木)

経営発達支援のその後

 今、八千代商工会議所では13年に亘る人材育成事業があり、その先の彼らの活躍するフィールドでのハンズオン(寄り添い)支援が近いうちに完成する。楽しみにしている。もう一つのフィールドは起業、事業承継の当事者へのインフラ整備にある。
 ビジネスや人材のマッチング活動・インキュベーション環境の整備・資金調達支援やネットワークづくり支援が今後の課題だ。

2017年12月12日 (火)

これからの中小企業経営

 久々に企業経営について書いてみようと思う。最近、金融庁や中小企業庁が挙って地域経済振興や中小企業経営についてコミットする機会が多い。それだけ危機的状況だという事だ。がしかし、当の当事者にその危機意識が希薄だと云うのがこの問題の深刻な点である。それは幾也の歴史が物語っている。繁栄や奢りに浸っている間に回復不能なまでに事態が進み坂道を転げ落ちるように滅ぶのだ。
 他者に分かって当事者に分からないのは古今東西変わらない事実である。これを身近な立場で説いて回るのが我々会計事務所の良心であり役割である。誰が何と云おうとこの使命を手放してはならないのだ。

2017年12月11日 (月)

ユーコンの掟

 ご存知、ユーコン準州はカナダの北西部、アラスカ州に隣接した氷河が荒々しく削り取った荒涼とした大地。ドーソン市を起点に20キロの荷物を担いで嘗てのゴールドラッシュへの道を辿る。ご存知、内藤大助の大冒険の第6回目(最終回)。本当に大冒険である。  ― 立ち入るな、弱き者愚かな者たちよ 苦しみに耐え、鋼の闘志を抱く者のみ来たれ― (詩人:ロバート サービス(ユーコンの掟))より。
 まだ見ぬ金塊を求めて入植した地の物語だ。圧倒的な自然と人の力ではどうにもならない自然がそこにある。奢れる人間をあざ笑うかのように!大自然が眩しく見えた映像である。

2017年12月 7日 (木)

経営発達支援

 八千代商工会議所は13年前から現役経営者や創業希望者を対象に人材育成支援として3塾を企画運営し、既に700人を超える卒業者を輩出している。
 参加者は限られた人たちではあるが、毎年参加希望者を募るリーフレットの配布や商工ニュース、HPを通して市民に広く広報していると感じている(認知度は高いと勝手に思っている)。
 しかし、人材を育成しても彼らの活躍するフィールドでの支援環境が無かった。今回、国の施策で小規模企業(製造・運輸・建設分野で従業員20人以下、その他産業で同5人以下をいう)の経営力向上支援を地域の商工団体に委ねる制度が出来、八千代商工会議所も今年手を挙げた。承認は来年3月頃だと云う、楽しみである。これで教育、経営の支援体制が出来る。積年の構想が一応完結した。今後の成果が期待される。

2017年12月 1日 (金)

下田行き

 昨日、恒例の下田行きの切符を購入に行った。指定特急券の発売は1か月前の応当日だからである。昨年から夫婦二人の旅となって2席のオーダーが必要であるが、既にグリーンの2列席が満杯である。そう謂えば昨年ももうちょっと遅く購入したから仕方ないと思っていたが、今年は応当日でこれである。20年毎年通っているが、久々の満員御礼である。下田に客が戻っている。観光地はそこそこ賑わっていなくては!

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »