無料ブログはココログ

« 高齢者年代をどう生きるか | トップページ | 悲壮感 »

2018年2月19日 (月)

コメント

 平昌冬季オリンピックが真っ盛りである。日本人選手の活躍も伝えられ大変な賑わいである。そんな中、金メダルラッシュ続く先週末前後の競技後の選手のコメントを聴いていて気付いたことがあるので書いてみたい。
 最近のスポーツに限らず競い合った後のコメントを求められて答える最近の若者は、所謂、「ごっつあんです」や「悔しい」というような単純で感情むき出しの話をしない。今の状況を冷静にかつストーリーにしてかつ簡潔に心境を吐露できる素晴らしいセンスを持ち合わせている。
 関係者への感謝を忘れず、今の心境や今後の課題などを冷静に語れるスピーチ力を持っている。これも世界で戦う環境の産物なのだろうか!

« 高齢者年代をどう生きるか | トップページ | 悲壮感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメント:

« 高齢者年代をどう生きるか | トップページ | 悲壮感 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31