無料ブログはココログ

« 初孫の悠希へ | トップページ | 心の余裕 »

2018年5月14日 (月)

脛の傷

 所謂、比喩としての「脛に持つ傷」でなく、本当に脛に負った傷のことだ。凡そ、3か月ほど前に飼い犬を繋いだワイヤーが脛に絡まり深い殺傷傷が。治りが遅く今頃四六時中痛みが走るようになった。勿論、外科には罹っているものの本来肉のない処の傷の治癒は遅いですと言われている。
 が、毎日の疼くような痛みは拷問を受けているように心身ともにダメージが大きい、一日も早い痛みの解消を祈っている。

« 初孫の悠希へ | トップページ | 心の余裕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/66718464

この記事へのトラックバック一覧です: 脛の傷:

« 初孫の悠希へ | トップページ | 心の余裕 »