無料ブログはココログ

« スポ根はいつまで続く! | トップページ | 観光立国の罠 »

2018年9月 4日 (火)

表向きの正義

 何といったか忘れたが、「表向きの正義」とか何とか言ったが、要は建前のことと同義だ。世の中に正義は多く存在する。誰にも一片の正義は存在するものだ。アメリカの大統領がそれを物語っている。世界の論調は無学で狭量な独裁者であるが、よくは知らないがアメリカの中西部やプアーホワイトたちには人気が高いという。
 アメリカ合衆国が嘗ての憧れであった時代は疾うにない。ホームドラマを見れば、ダイニングでは大きなグラスでミルクを飲み、ガールフレンドを親父の車に乗せてホールでダンス。親父はどんな職業科は分からないが電化製品に囲まれマイカーだガレージに2台。「のほほーんと生きてる」としか思えない暮らし。今でも世界の先進国であるという、しかし大半の富は2%の国民が保有するという。富の偏在は貧しさの裏返しだ。

« スポ根はいつまで続く! | トップページ | 観光立国の罠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222954/67130688

この記事へのトラックバック一覧です: 表向きの正義:

« スポ根はいつまで続く! | トップページ | 観光立国の罠 »