無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

気候はまるで秋の気配

 最近の気温を見れば秋の気配がする。しかし、目にする景色は荒涼とした、只々枯葉の装い、荒涼とした日本の秋に凡そ似つかわしくない四季のない日本なんてどうなっちゃうのかとも思えてくる秋なのです。

2018年10月27日 (土)

これからの会計事務所

 今月に入ってクライアントの相談事が満載だ。M&A だったり、承継ニュースの企画モノの紹介だったり相続とか雑多な相談事が実に満載である。その多くは自分が蒔いた種であり忙しいのは自業自得の感もなしではないが!
 まあ、世に云う自分の蒔いた種なのかも知れないしお呼びがかかるだけでもよしとしなければ!何れ世の中から相手にされなくなったらもうお終いかも?

2018年10月26日 (金)

10月という季節

 この季節いつもなら秀麗な紅葉の便りが届く季節なのに、今年は週末ごとに襲った予想外の大型台風にやられて紅葉すべき木々は皆その葉を落とし寂しく晩秋のごとくであります。ここからいよいよ晩秋から初冬会計事務所にとっては超繁忙期の到来です。世にいう猫の手も借りたい位の忙しさというらしいが、わが事務所は年末調整も確定申告も前倒し処理が行き届いているので季節の繁閑は左程ないと言える。何事も先を見た対策が必要と謂える。

2018年10月25日 (木)

会計事務所の変容

 最近感じることがある。一つは私も含めた承継の問題、もう一つは他人様の承継問題。私の承継問題は対象がはっきりしているので今のところ問題はない。(会計事務所の場合は資格の問題があるが取り合えずこれはクリアしている→経営センスは別だが?)他人さまはまさに様変わりの体である。すでにM&Aのうち買収が一件に最近は買収M&Aが出た。ここで大事なことは会計事務所がその仲介機能を果たせるかである。幸いにしてTKCと私の独自な活動でこの辺は確保していると言える。過去の蓄積がモノを言う。今まさに会計事務所はソリューションのコンサルティングファームと謂えるだろう。

2018年10月22日 (月)

ご無沙汰です

 二度目のカナダに行って参りました。流石に二度目は勝手知ったる何とかで余裕と訪問時の違い(最初は6月今回は10月)は思いのほか強く10月はご当地では日本でいう冬なのです。二度目の余裕で飛んだ思い違いも数多くあり予断は大敵と思い知らされた気分でした。(図に乗ってはいけないと言う事)初回はいい思い出しかなかった旅も二度目は違った角度で面白いものです。そういえばBS103で二度目の○○とか言う番組があったりして。
兎も角、今回は寒さと懐かしさで思い出満載の旅でした。

2018年10月 9日 (火)

二度目のカナダ

 明日から6日間、カナダ西海岸を訪ねる。今から14年前次女が交換留学で一年間暮らした思い出の地であるし、留学後半10日余りも現地ロータリアンにも温かく迎えられた思い出の地でもある。14年の紅白がどう変わっているかを知るのも楽しい。
特に、バンフの澄んだ空気は独特のものだ。懐かしく思い出す。もうすぐそこに!

2018年10月 2日 (火)

これからの ?

 先々のことは判然として分からないことが多い。取り分け、フィンテックとかAIだとか想像は出来ても中身の構造が分からないものには人間は不安を抱く。大型の超台風が直撃する不安と一緒だ。結果が想像を超えているとき人は不安を抱く。
今まさに出口の見えない世界を彷徨うみたいに!そういう意味でテクノクラートと一般人の間の乖離は思った以上に大きいようだ。人間は不知に出会ったとき二つの選択肢がある。一つは真っ向勝負型、もう一つは居直り型だ。普通の人は真実に目を背け安易な行動に出る。それが凡人の普通の生き方であろうか?

2018年10月 1日 (月)

それから !

 母が入院して2週間が経つ。検査結果が判明してくるごとになんて元気な人生だったのだと今更ながらに思うのです。生涯に一度も人間ドックの類など受けたこともなく貧しく雑草の如き人生は何と生命力に溢れていたことか。生涯に一度の大病もしたこともなく、常に強き母であったとそう思うのだ。後生大事に毎年の人間ドックなど人生のプログラミング の如き科学的人生など思いの付かぬ人生だと?

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30