無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月27日 (木)

今年最後となるブロブ

 今日で御用収め所謂今年最後の営業日である。この一年振り替えれば数えきれないほどの問題と決断をして来た筈なのに振り替えれば大した問題もなく無事に年が越せそうだ。今年一年の無事を祈らなければならない。さて、来年はどうだろうか、米中貿易戦争の煽りで景気の後退が見え隠れする中この不透明さは後を引きそうだ。何れにしても先読みが出来ることが重要だ。資産のポートフォリオと経営の体質強化は必須のようだ。それだは良いお年をお迎えください。

2018年12月26日 (水)

次年度は?

 今日で実質的には年度収めで明日は所謂大掃除という訳である。今年一年はどうだったのかとか大きな災害はとか言ってもこれだという決めてに欠けるというかあれこれと多くの災害に多くのエポックがあってこれだという決め手に欠ける年だった気がしてくる。これはもう時間をたっぷりとってあれこれと炙り出すとしようか。株価の下落は何かの予兆のような気がしてくるが影有れば陽もある陰陽、表裏だってあることだし!よいお年を!!

2018年12月25日 (火)

さて、来る年のテーマは !

 ここのところ東証の株価は下がりっぱなしで何時2万円台を割り込むかの瀬戸際である。ここ数年はトランプに遣られっ放しだ。分断と敵対を旗印に事有るごとに騒動を巻き起こす問題児だが、時代の要請という局面も在りはしないか。右を見ても左を見てもストレスと不安の種は尽きないし、不確実性の要素は益々高まるばかりだ。
時代の流れは速く、自分が取り残される不安に苛立つばかりだ。どこに平穏の香りが漂うのか、心の安らぎはいつ来るのだろうか。時代の進歩は人類を幸せに便利にするためにあるのでは無かったのか「幸せな人生はどうやって手に入れるのか」問題は厄介で難しいのが現実だ。天使は何時やってくるのだろうか!

2018年12月21日 (金)

振り返る

 最近、歳をとったせいか。矢鱈過去を振り返ることが多くなった。有名人が回顧録を書きたがるのも頷けるものだ。小学校の授業でも最近は振り返りをする。人生の振り返りも悪くはないが他人からすれば昔話は退屈なものだろう。人生を振り返りつつ、未来に目を向ける思考が必要のようだ。

2018年12月20日 (木)

年の瀬もそこまで

 年末ももう秒読み、カウントダウンの段階である。「代表のひとこと2018版」はもう手に入れた。下田行きの列車でじっくり読み返すとしようか。さて今年のエポックは、新年のテーマはと色々思いは駆け巡るが未だ整理は出来ていない。そういえば下田行きの列車に乗って想いを巡らせて何年経つだろうか。私も熟達の域に達したとでも言えようか。

2018年12月19日 (水)

日光へのドライブ

 家内が乗ったスカイラインのクロスオーバーも10年経って私の車を変えたのをきっかけに四駆のアテンザに乗り換えた。ちょうど週明けが空いていたので一泊で日光へドライブに行ってきた。久々の日光で初冬のいろは坂のワインディングロードに日光湯元の雪道走行と結構、軽快に走り抜けた。マツダの車のコストパフォーマンスの良さに納得。宿の中禅寺金谷ホテルの露天風呂の硫黄の香りは今も残っていて心も温まる雰囲気の日光行きであった。家から150キロ、車で行くのに最適で湯元の白濁した硫黄泉は心も体も柔らかくほぐしてくれる最適な私好みの隠れ湯でもあるのだ。

2018年12月13日 (木)

冬至ももうすぐ

 今年は木枯らしも吹かず、このまま厳冬に季節に突入かと思われるような陽気にここ暫くは夜明け遅く夕暮れも早い冬至ももうすぐそこに!今年は22日が冬至、南瓜でも食べて風邪の予防に。ビタミンAの補給をしつつ冬に備えるとしようか。そういえばこのところ血液成分の話題が我が家には多く、おやつでダイエットだの、低血糖のリスクだの喧しいが分かったことは一日の総カロリー数を気にするより空腹時のドカ食いの類やその反動の低血糖だの要は血糖値は程よくナダラカデ穏やかが一番という分かり切った結論というか常識の世界に納得!

2018年12月12日 (水)

このまま冬なのか

 ここ2,3日真冬の寒さだ、日中でも気温は一桁、このままで行けば将に厳冬の到来である。何時か書いたと思うが、私は火照り症でベットの中でも足を出して寝ていたものだが、何時の日か最近は足が冷たくて目が覚めるようになった。将に様変わりである。思い至るに老化による代謝の低下によるものか。だとしたら、余りのも寂しい限りである。今日、トレーニング中にふと思ったが、もうすぐ69歳、来年は数えでいけば古希の到来である。古希から平均寿命まで10余年余り、たったの10年だ。さてどう生きる?

2018年12月10日 (月)

気分転換

 そして、日にちが経ち脳梗塞の恐怖から立ち直ったわたしですが、やはり、30年後を考えれば私の「人生会議」はどうしても開かなくてはなりません。その前にちょっと楽をして新車の四駆でドライブのでもと思っております。

2018年12月 7日 (金)

そして終戦

 昨日休みを取って亀田総合病院の脳神経内科を受診してきた。流石に房総鴨川は遠い1時間半余りかけての小旅行だ。結果は何の後遺症もな、くいわば無症候性脳梗塞(いわば無自覚の脳梗塞の跡)は進行性でないので手当ての仕様がない、敢えてやるとしたら血液をサラサラにする投薬もありますとのこと。副作用を訪ねれば出血しやすくなるという、。外傷ならいいが内出血だと重症化するという。そのリスクは選択の余地なく却下。私の場合、高血圧症と高脂血症をコントロールすることで手打ちとなる。私の場合、一過性脳虚血発作と謂うらしい。取りあえずは終戦というところか。また、妻の介入がきつくなるのは目に見えている。

2018年12月 5日 (水)

開戦前夜

 12月になると8日の開戦の日が近くなる。近頃は余り人の話題に上らないが張り詰めた緊張感があったのだろうと推察される。私もそれに近い緊張感をもって明日を迎えようとしている。実は先のドックで判明した陳旧性脳梗塞の検査で亀田総合病院へ行く日なのだ。今までの経験から言って一周間位の検査入院は覚悟して日程は空けてある。といっても出来れば簡単に済ませたいし、何事もあってほしくはない。こんなこともあって少々高くつくが亀田総合病院系のドックを長年受診してきたところだ。変な話、それを期待しているわけではないがないよりはあったほうが良いに決まっている。全てが上手くいきますように祈っていて下さい。

2018年12月 4日 (火)

わが成長戦略

 組織には最適規模というのがあると思っている。例えて言えば、私が好きな宿は部屋数が一桁か十数部屋のこじんまりしたものが好きだ。それもよく利用するエージェントは私の好みをよく知っていて一言旅行の趣旨を伝えれば快適な宿が予約できると云う寸法だ。即ちハンドメイドのサービスをこよなく愛すのだ。その手法は事務所運営でも同じ。ハンドメイドの行き届く「優しさに溢れる鮮やかなソリューション」にある。従ってこれを実現するサイズを是とするのだ。

2018年12月 3日 (月)

今年の位置づけ

 今年ももう残り少ない。し、この暮れで69歳古希の入り口である。翻って、今年を振り返ればどんな一年だったのか振り替えることにしようか。今年の一年は我々の業務を洗い浚い俯瞰をしてみるいい機会であった。そのきっかけはもちろん事業承継への取り組みである。将来に向かってよい体制でのバトンタッチは現経営者の根源的責務である。事業の見直しは将来への成長戦略でもある。今年の課題は「我々の流儀」のクレドへの昇格であったろうか!

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »