無料ブログはココログ

« ゴールデン・ウィークをどう過ごすのか | トップページ | 人生の優先順位 »

2019年5月 7日 (火)

遺伝子とDNA

 10連休が無事に終わった。無事にというのは何もなくという意味で大事件は起きなかったという意味である。連休の全般は小出家の葬儀、半ばは孫などが来て家族サービス、後半は右手小指の包帯が解けたのでゴルフの練習三連チャンと前後三区切りで考えれば決して長くはなかったし、今日今日の連休明けの後遺症(五月病)も感じられない。日本人はきっと休むことに慣れてしまったのかも!10日も休んで充実感もなければ喪失感もない。只単に忙しさの先送りだけだった。

 そうだ、話を戻そう。昨夜のNHKスペシャルで表題のテーマを遣っていたが、俗に云う遺伝子と謂われる部分はDNAのうち2%で後の98%はクズと謂われていたが、最近その部分に研究が及んでクズがトレジャーDNAとして脚光が当たっているという話、その役割は遺伝子が設計図ならそのコントローラーとしての役割という。その役割を解明することで健康や長寿にも影響する作用が期待できるという。研究の進歩は何処へ向かうのか!

« ゴールデン・ウィークをどう過ごすのか | トップページ | 人生の優先順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデン・ウィークをどう過ごすのか | トップページ | 人生の優先順位 »