無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

若返り

 日々若返りの実感に浸っています。我が家のタニタの体重計に毎朝乗るのが楽しみな日々です。トレーニングすればその結果は気になるもの、その成果が数値に出るなんて何て楽しみな世界かもしれません。若返りの日々である。

 人間、いや、シニアでも鍛えればまだまだ捨てたものでないことをヘルスメーターの数値が物語っています。将に病みつきの感がある。

2019年11月28日 (木)

目からうろこ

 昨日、最近通っているGYMにてパーソナル・トレーナーと謂われるスタッフに器具の使い方やストレッチの方法の教授を受けた。

 その中でポールと謂うソフトな筒状の器具を使ったストレッチの入念な指導を受けたが、これがこの上なく上首尾で、将に目からうろこだったように体のゆがみを感じられたのとその解消が顕著であった。これは優れもの、自前で買って自宅でもやってみることにする。私の体がこんなにも歪んでいたものかとガッカリするとともに解消も目標だ。

2019年11月27日 (水)

我が人生

 来月で見事に古希である。70歳はゴルフでいけばグランド・シニア、通常のコンペでは何かしらのプレミアムが用意されているのが通例である。我彼問わず、人はそのように見て遇してくれているのである。有難いことだが、これに甘んじていてはシニアの進歩にはならない。体を鍛え、進歩に遅れず、進取の気性にも遅れることの無い様励みたい。身近な事で言えば、両親を亡くし、今後はわが老後のことを一身に、充実した半生を送りたいものだ。

2019年11月26日 (火)

フォルム

 私が行き成りフォルムなどと言い出したりするのを奇怪に思うか方もお出でかとも、これはこれで言い出さずにはいられない心境なのだからです。GYMに通い始めて早5か月ウエストはすっきり内臓脂肪率やその他のBMIなどの数値も軒並み改善されて見るからに健康的な様子にすっかりご満悦。もう病みつき、続は保証されたようなものと勝手に思い込んでおります。全てに自信が付いて躍動的だと手前味噌風に思う今日この頃です。

 気分は体調でこんなに変わるのかと言う事を身をもって実感しているところです。

2019年11月25日 (月)

家の仕様

 我が家が古くなったので建て替えを考えている。建築士にも謂われたが、コンセプトを考えておいてくれと謂われているがここへきて重ねて来襲した台風をはじめ千葉県にとっては予想外の爪痕を残した大災害を抜きにしては考えられない。もう来ないと言った楽観論が通るような最近の状況にはない。だとしたら災害に強く、自立した建築を考えねばならないのは必然である。

 幸いにも二世帯で独立した家が建つほど敷地は広い。丈夫でエネルギーに自立した家を考えている。孫の成長を間近で見守られ、好きな読書やホームパーティーを楽しみながら余生が送れたらこの上ない人生だ。

2019年11月22日 (金)

まちの会計事務所の本分

 街なかの会計事務所の本分は何処かという問いはいつも私の頭の中にある。ひと言でいえば会計の「ホームドクター」と謂う言い方がぴったりくる。

 会計事務所の規模や専門性で言えばピンキリであるが、いつでも取敢えずの相談相手はと謂ったときに身近に信頼のできる相談相手がいるかどうかがその後の問題解決の優劣を決めると言ってよい。誰でもどの方面にも是非身近に信頼できる相談相手を持ちたいものです。

2019年11月21日 (木)

明日は事務所主催のセミナー

 記録によると初回が2007年だから今回で13回目と言う事になる。長く続いたものだと思うことと毎回頭を悩ませるのは企画である。クライアントや経営者の皆さんの関心事はどの辺にあるのかを探ること、要は多くの参加者を得るテーマは何かを探ることにある。毎年同じ時期の悩みの種である。

 が一方でまちゼミも参加して4回目だがこちらも企画で頭が痛い。だが、その違いは市内に6万部近くの折り込みを入れるので皆さん(市民)の関心事を探るのに活用している。今回も昨日終了したが矢張り多くの関心事は相続にある。一方外れだったのは「ローカル・ベンチマーク」を使った経営の見直しについてである。参加者は一人もいなかった。

 事程左様にセミナーの企画は難しいのひと言だ!

 

2019年11月20日 (水)

世の中の関心事

 今日からまちゼミ、経営支援セミナーと事務所主催のセミナーが目白押しだが、出足は低調である。最近感じるのは私と世の中の関心事のミスマッチのことである。私が考える世の中の関心事の核心と世の関心事がずれてはいないかと言う事だ。

 仮説を立てて色々試行錯誤はしているもののここの処外れが多い。会計事務所は世に問うことの正当性と世間でのズレは往々にしてあるが、こうズレが続くと滅入ることも多くある。

2019年11月19日 (火)

ウナギのVSOPって

 長女がTKCのニューメンバーズ・フォーラムが静岡の浜松であってお土産にうなぎパイを持ち帰った。そのブランドがうなぎパイVSOP。知る人ぞ知る、昔、高度成長期に持て囃されたブランデー(今は飲む人を知らないが)の最高級グレードとしてVSOPのランクがあったのだ。その意味はVERY・SUPERIOR・OLD・PALEの頭文字なのだ。知っているかな!

 そのウナギには「真夜中のお菓子」と意味不明のフレイズが?

2019年11月18日 (月)

年末も見えてきた

 11月も中旬もう一か月近くで年末である。今年は色々ありました。4月からのスタッフの増強、クライアントの高齢化による廃業、秋の三度にわたる関東地方を中心とした大災害、その中での消費税の改正と今年はむしろマイナスイメージが先行した感のある一年だったと思います。公私に亘る問題も大きく分ければ世の中の事象と無関係ではありません。ダウンサイジングが当たり前の世の中で私どもが目指す会計事務所の具体的対応策が求められる所以です。明日の成長策を策定しなければなりません。

2019年11月14日 (木)

目標は希望

 人間明日への希望や具体的な目標があると俄然やる気が出てくると思った記憶がありませんか。一か月後に迫った楽しい遠足の記憶や来週のゴルフの予定とか些細な事でも目標があるというのは楽しいものです。人間幾つになっても明日への希望が今の私を元気にしてくれるのです。内緒ですが、今日秘かにフェアウエー・ウッドを仕込もうと思っております。くれぐれも内緒な話ですが!

2019年11月13日 (水)

キャリア教育

 キャリア教育と謂う言葉をご存知だろうか。小学校の教育プログラムの一つで実社会で活躍中のその職に就いた動機や遣り甲斐などの体験を語り質問に答えるという内容であるが、会計士や税理士という職業の認知度が低く私の話を聞いて興味を持つ小学生が出たりすると遣り甲斐を感じ辞められなくなるのだ。私は職業会計人の伝道者である。

2019年11月11日 (月)

老化防止の特効薬

 謂ってしまえば簡単な事であるが、そんな気持ちにさせるのは甚だ難しい。キーワードは希望だ。先に望みがあるから頑張れる。先に希望や望みが薄くなり明日を生きる糧が無くなるから老後が寂しいものになるのだろう。希望、それは今日より明日明日より先に望みが繋がる、これが生きる意欲にもなるというものだ。今は体力アップやシェイプアップが目に見えて何より楽しい。GYMは当分続きそうだ。

2019年11月 8日 (金)

光り輝く老後の彼方へ

 最近、GYMに通っているのは先に書いた。その効果についての報告である。その効果があってウエストは確実に細くなった、それが証拠に何時ものベルトの位置が変わったのがその一つ。そして、ゴルフの絶不調もここの処解消に向かっているのが嬉しい。そこで、より一層の望みとしてここは是非飛距離UPを目指して下半身周りと胴回りの筋肉強化に取り組みたいと思っている。また、その成果はこのブログで報告したい。老化は挙がらうことに限る。

2019年11月 5日 (火)

戦力

 私ども会計事務所の戦力とは税務に関する知識は当然として、経営の諸般に関して経営者の悩み事や相談にのれるような経営学や社会常識が要求される。従って幅広い知識と人間としての常識も兼ね備えなければならないから、新入社員のフィールドへの投入は慎重を要する。

 日頃の言動や研修動向も参考にしながらゴーサインを出している。いま、入社後半年を過ぎトレーニングや人間性についても一定の評価を得られたので、現場に出すことにした。穴埋めの求人ではないので前任の在籍しているから万全の引継ぎが出来る筈だ。100%当方の事情によるのだから!

2019年11月 1日 (金)

継続

 何事も続けるというのは言うは易いが行うは難い。能力の多寡によらず最も説得力の力を持つのが継続性である。何によらず一つのことを延々と手法や職を守り続けるのは至難の業である。対局はスピード感のある変化ないしは変革であろうがモノによっては一途に続ける一本の道と言う事も時には大事と思うのだ。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »