無料ブログはココログ

« 記帳代行が会社経営を駄目にする | トップページ | 記帳代行無用論 »

2020年6月25日 (木)

リモート監査の功罪

 4月上旬からうちは顧問先の了解のもと往査を原則せず、リモートによる月次監査を実施してきた。請求書等の原資帳票等はPDFないしは後日の照合を前提に支障なく現在まで続けてきたが、解除後の状況からももう再開してはどうかという機運が生まれ始めている。

 スタッフ側からの要望は社長と話す機会が減った、会話の中での改善提案の機会が減ったという感想があって、従来の往査の重要性を改めて感じ云っている次第。状況の如何に関わらず、図らずも基本的な機能を抽出して見せた思いである。

 今後の正常化に向かって大変貴重な体験をさせてもらっている感じだ。

« 記帳代行が会社経営を駄目にする | トップページ | 記帳代行無用論 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記帳代行が会社経営を駄目にする | トップページ | 記帳代行無用論 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31