無料ブログはココログ

« 何もかもコロナが暴く事ばかり | トップページ | リモート監査の功罪 »

2020年6月24日 (水)

記帳代行が会社経営を駄目にする

 最近、暴露話ばかりで恐縮ですが、ここでも一言二言言いたいことがあります。つい最近、経理業務が軌道に載らないので丸投げを前提にBOTを前提に受託を打診された先があります。

 そこで最近先方の主要メンバーへのインタビューを行いました。そこで判明したのは経理以前の業務の在り方それ自体に問題ありでした。抑も、会計はそれ自体で成り立つのではなく、業務自体から派生したデータを会計的情報として分類・整理・評価したもので、云わば、従属的立場にある。従って、その正確性や適宜性は業務水準に依存する。つまり、会計的信頼性は業務水準の高さに依存するのだ。

 そんな意味で万年記帳代行レベルから抜け出せないのは業務水準に依拠すること図らずも思い知った。会計水準の高低は業務水準のクオリティーに依存するのだ。そのことである、これからも自計化は会計事務所の使命である。

« 何もかもコロナが暴く事ばかり | トップページ | リモート監査の功罪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何もかもコロナが暴く事ばかり | トップページ | リモート監査の功罪 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31