無料ブログはココログ

« 苦境に在った頃 | トップページ | 企業のコロナ弾力性 »

2020年10月21日 (水)

専門性と多様性

 最近DXなる経済方式が盛んに云われるようになり、日本はデジタル後進国だと決めつける傾向が蔓延している。確かにマニュアル優先の社会風潮が一般的で恰も後進性の象徴のようにも捉えられるが一般論であって全体ではない。人中心の社会はデジタル化だけでは満足できない筈だ。商流があって物流があり、サービスを受ける人間が居ればスピードや円滑化だけでは満足できないし、定性的要因は満足されない場合もある。究極は享受するサービスの質と量と速さとコストによる。全てを満たすサービスなどない。

 要は、デジタルで出来るものはデジタルで、マニュアルが必要なものはマニュアルで だ。

 

 

« 苦境に在った頃 | トップページ | 企業のコロナ弾力性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苦境に在った頃 | トップページ | 企業のコロナ弾力性 »