無料ブログはココログ

« 伊豆へ 自然との調和・思考の優位性とバランス | トップページ | 今年の夏こそ »

2022年4月25日 (月)

知床の惨事

 何年か前、ロータリーの交換留学で来日していたイタリア・シチリアからの留学生を伴って知床半島の遊覧観光に行ったことがあった。フェルは写真が好きで高級なカメラを持ち、知床半島巡りを楽しみにしていたし、そのために最寄りの宿も手配して期待していた。当日風は或るものの波は穏やかに素人目には映ったが、チケット購入時に天候次第では途中で引き返すと旨とその際の払い戻しの手続きも聞いた気がする。留学生の貴重な体験は是非実現して遣りたかったしそうなることを望んだ。

 出港して期待は弾んだ。カメラを構えて期待は高まる、その時、船長のアナウンスが無情に響いた、悪天候のためツアーを中止し引き返すと。

後で考えれば、ツアーの中止で普段なら行かなかった野付半島や荒涼とした中標津、偶然入った弟子屈の美味しいラーメン屋、美しい屈斜路湖や他の湖群、特に野付の付け根に残る会津の旗のたなびく墓地は脳裏に残る。

 北海道の旅は知床だけではない!

« 伊豆へ 自然との調和・思考の優位性とバランス | トップページ | 今年の夏こそ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊豆へ 自然との調和・思考の優位性とバランス | トップページ | 今年の夏こそ »