無料ブログはココログ

« 人・本(歴史)・旅 | トップページ | 地球は誰のもの? »

2022年5月 2日 (月)

ESDの対象は誰 ?

 今、八千代でユネスコ八千代支部の設立を模索する動きがある。ユネスコは英語表記ではUNITED NATIONS EDUCATHIONAL、SCIENTIFIC、CULTURAL ORGANIZATION と謂うつまり、国際教育、科学、文化機関が直訳である。

 今よく耳にするSDGsや世界遺産の認定や保護に関する国際機関と謂うほうが理解が速い。地球温暖化防止に関する世界協調の最前線と謂う訳だ。

 この取り組みで重要なのは誰がその責任と義務を負うのかと謂うことと解決手段としてどういう取り組みを誰がするのかと謂う事だが、短期的には今の現役世代が取り組むことと中期的には次世代の教育があると思う。

 しかし、人によっては地球温暖化の臨界点をすでに超えてしまったという見解も存在する。中期的目標は短期的視点で語られるべき時期なのかも知れないのだ。

 「SDGs」を人類のアヘンにしないための取り組みが求められている時期かもしれないのだ。

« 人・本(歴史)・旅 | トップページ | 地球は誰のもの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人・本(歴史)・旅 | トップページ | 地球は誰のもの? »

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30