無料ブログはココログ

« 8月が過ぎて | トップページ | 運動脳 2 »

2022年9月 2日 (金)

中小企業の業績

 上場企業なら監査役監査に会計士監査とプロフェッショナルのお墨付き制度が確立しているが、一方中小企業の業績把握の信頼性は誰も担保していない。故に中小企業への融資に当たっては物的担保や人的担保を取って人質とした融資が長く続いた。

 今時、機動的な資金調達に信用の有無は重要だ。将に時代に適合しない。

 では、何によってその信頼性が担保できるかだが、TKCは翌月巡回監査、適時性証明書、添付書面制度の活用、中小企業会計要領への準拠の傍証を付けてその信頼性を担保している。

 つまり、街の税理士が信頼性の保証機能を果たしていると謂っていい。もっと世間の信頼を勝ち得ていけると良いと思っている。真面目な経営者が得する世の中にしなければならない。

« 8月が過ぎて | トップページ | 運動脳 2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月が過ぎて | トップページ | 運動脳 2 »