無料ブログはココログ

« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024年7月17日 (水)

真夏のゴルフ

 今時、日本の真夏の中のゴルフプレーは生死にかかわると書いたが、そこはそれ、ゴルフ好きとしてはどうしても抜け道を考えてしまうものらしい。

 そうだ、GP(ゲーリープレーヤー)コースはコース内カート走行可能だ。真夏の間はGPへ通うことにすればよい。雨でコース内走行が不可能でも天気が悪ければ気温も低い。

どちらに転んでもOKである。上手いこと考えたものだ。これを賢者の知恵と謂う。とは言い過ぎか!

2024年7月16日 (火)

すわ、コロナか

 楽しい筈の三連休だったが、蓋を開ければ初日は良しとして、二日目は中学時代の同窓会の打ち合わせとて地元に向かったものの昼食後に急に身体のだるさを感じ悪寒が走る。

 スワ愈々遅れてやって来たコロナかと危ぶみ、試験薬の判定によれば陰性、その日と翌日は寝て過ごすことに、散々な目に合ってしなったが、幸いにも38.7度もあった熱もわずか一日で平熱に、平素の体力と秘薬のお陰と感じ入ってしまったり、お騒がせな三連休でしたとさ。

2024年7月12日 (金)

明日から嬉しい三連休

 明日から三連休である。それも楽しい連休になりそうな気配がする。明日は引っ越し後の最初のファミリーバーベキュー、日曜日は中学時代の同窓会企画の打ち合わせで懐かしい仲間との再会、最後は妻とゴルフ、何せ酷暑の夏とて多少の雨はシャワー位の感覚、寧ろ雨の方が涼しいと来ている。多少の雨ならウエルカムである。

 楽しい夏の行事が詰まっている。秋は相応しい行事が企画済みである。これも又楽しみである。

2024年7月11日 (木)

共に暮らす喜び

 先週末、我が家の敷地内に娘夫婦の家族が引っ越してきた。これで我が家は一族郎党同じ敷地内に暮らすことになった。この上ない喜びである。これで外構工事が完成すれば足掛け3年に及ぶ一族の有り様が完結することになり、これはこれで将来の家族の在り方の理想形であると自負しているがこんな幸せが我が家に遣ってくるとは誰も想像できなかったろう。

 これは決断してくれた娘婿殿にも感謝しなければならない。早速、週末はバーベキューとのこと、孫たちと一緒に暮らす喜びを存分に味わいたい。

2024年7月10日 (水)

中小会計要領

 2012年に日本商工会議所やその関連団体等が中心になって「中小企業」が使える会計基準が出来た。それ以前は如何だったのかと謂えば、企業会計基準がルールとしてあっが、もともと大企業の適用を中心に据えたもので、中小零細の企業が適用できるには詳細過ぎた。

 これに変わって実務的で中小企業でも適用可能な基準の制定が待たれた。世界不況の煽りを受けた中小企業の企業改善や再生に支障を来すとの意見から導入が決まった。

 事の経緯からしても企業比較や実態解明に有用な財務情報が求められたのだ。裏返せば今までの財務情報レベルでは企業実態を表していないと謂う表明でもあった。実の多くの企業は納税目的のための財務情報しかなあったし、実態を反映したものでも無かったのだ。抑々、納税目的の財務情報は拠る処の基準は謂わば税務基準でディスクロージャー目的で無かったし、事態を表すものでもなかったのだ。

 必要が生じて生まれた機銃である。謂わば自計化のための基準である。会計が経営者の基に帰ったのだ。

2024年7月 9日 (火)

傍にいる身内

 6日の日に、下の娘一家の家が竣工し、引っ越してきた。当日も今も引っ越し作業でテンやワンやの大騒ぎ、子供たちも浮足立っているものの、新居への転居が嬉しいらしいが、私たちはもっと嬉しい。

 何度も書いたが、年老いた夫婦にとって老後の生活が何より心配 ! 身近に身寄りが住んでいる安心感は何よりのご褒美だ。仕事も家庭も順調で怖いくらいだ。こんな生活が続けば、リタイヤ後も悠々の快適な余生が待っている。巡り会わせの幸せに感謝しなければならない。 

2024年7月 8日 (月)

熱い夏を凌ぐ

 今年の夏も酷暑である。晴れた日の外出は命がけと謂ってよい。第一、健康に悪い。稀に体調を崩すと謂うより稀に命に差し支えがある。アンチ異常気象だとか、長期的なサイクルで行けば間氷期ある、温暖化よりは氷河期に向かっているトレンドが実は怖いだのと分かったような口を利く輩もこの酷暑にどう対処していけと謂うのか聞いてみたいものだ。人は長期的展望より今そこにある危機の方が大事に違いない。

 フランスでは極右政党の劇的勝利かと思われた民主主義の危機だと思えば一転極左連合の躍進と振れる。こちらは民主主義の後退とまでは行かないが、これまた国政の停滞を伴わなければ良いがと杞憂してしまう処が中々うまく収まらない。

 この先、世界はどうなってしまうのか、先達はどう考えているのだろうか?

 

2024年7月 5日 (金)

出会い頭

 今朝、またまた、事務所の脇の十字路で衝突事故が発生した。これで何回目かと思われるほど衝突事故が多い箇所なのだ。嘗ても,重点監視箇所として時たま警察官が監視している箇所でもある。事故の発生は決まって通勤時間帯の早朝か夕餉れ時の退社である。「急がば、回れ」の格言通り。

 伊達に格言は無い。心して暮らせ。」と謂いたい。全く迷惑な話である。

2024年7月 3日 (水)

呼気・吸気

 謂わば呼吸の事だが、運動での呼吸は身体動作より大事かも知れない。動作分析で呼吸の事を蔑ろには出来ない。増して武道での息づかいは生死を分ける程に重要である。ゴルフではどうかと謂うのが今回のテーマであるが、研究の結果、始動の息づかいや切り返しの息づかいには法則があるらしいことが判明した。

 目下テスト中である、判明したらまたこのブログに書いて見る。

2024年7月 2日 (火)

ゴルフ・プレーヤー

 ゴルフ・プレイヤーの引退平均は75歳だと業界誌のとある記事があったが、今の私の環境からすれば引退は程遠いと思う。プロから齋藤さんプレーはレギュラーティからと申し遣っているがそこはそれ我慢して腹を括ってレギュラーティからプレーしている。まあ男の矜持と謂ったら大袈裟か、

 まあそれに近いが、スコアは偶に90を切れるし、戦いになると思っている。もうこれは引退時を模索しつつ、ゴルフを楽しもうと思う。アマチュアゴルファーの本分は楽しくラウンドすることにありである。

2024年7月 1日 (月)

ゲーリー・プレーヤーコース

 この夏はゴルフをしないとブログに書いたが早速、禁を破ってコース内走行のゲーリープレーヤーコースなら真夏でもプレイ可能と勝手に決め来んで、この土曜日家内とラウンドに行ってきた。

 予想に反して天候が今一でコース内走行は出来なかったが、曇天で気温も低く歩いても問題なしで久しぶりのホームコースを気分よくラウンドしてきた。スコアも上々で練習も無しの割に上出来なラウンドに帰れば、孫たちと図らずも夕食を一緒に、賑やかな週末。

 今週末は愈々、自宅の敷地にお引越しとなり、我が家も一挙に賑わいを増すことに。楽しみな暮らしが待っている。

« 2024年6月 | トップページ