無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年7月24日 (月)

もう、暑さも慣れっこだ

 ここ最近の猛暑は一時の異常現象等なのではない。もう日本の夏はこんなもんだろう。たまたまだと思うから不快に思う。これが常態だと思えば不満もイライラもなくなると云うもの、地球温暖化の弊害はあちこちで災害を起こしているし地球を痛めつけている。これを異常だと思っていないのは習近平とトランプぐらいだろう。

2017年7月21日 (金)

今年の夏休みは

 今年はイレギュラーなことが多く通常の穏やかでゆったりした休暇は望むべくもない。モンスター・ミニは我が家を跋扈し、お盆過ぎにはモンスター・ミニ女が生まれる予定だからだ。
 家族が多いのは、それはそれで喜ばしいのだが、俄か家族でかつ未知数の多い生活ははっきり言ってつ・か・れ・る・のだ。
ミニ・モンスターたちが引き上げた秋口にはゆったりと白神山地か八甲田辺りでのんびりと行こうか!

2017年7月20日 (木)

心弾む日々

 こんな日が来たらいいなぁ、と考えた日。前にもこんなことを考えた日があったっけ。こんなこと考えられない日々が続いたこともあったっけ。束の間の喜びに埋もれた日もあったっけ。「歳をとる」・「歳を重ねる」或は「老いる」。嬉しい日にはすべてが受け入れられる、そんな気分にも成れる、そんな自分が好き。
 老後の楽しい日々は自分でつくる!

2017年7月19日 (水)

世の中夏休みモード

 学校は今週金曜日から夏休みに入るそうだ。共稼ぎの家庭にとって子供の休暇は地獄のような状態なのだそうだ。うちは孫のレベルであるからして被害はそれほど大きくはない。がしかし、今年は次女の出産予定が8月中旬、既に長男も居るから今夏の出産は我々にとっても地獄のようだと覚悟を決めている。酷暑も手伝って将に長い夏の始まりである。避暑どころではない。今秋はどこかでゆっくり休養するとするか、何処にしようか?

2017年7月13日 (木)

久しぶりの一日事務所勤務 !

 今日は久しぶりに手帳に何の予定もない。久々だ。白紙の余白は余裕の証、本当に遣ることのない日などあるわけがない。
 その証拠に今日も事務所であれこれ手を回さなければならない。暇などあるわけがないし、頭は回転しっぱなしなのだ。これはもう認知症など為る暇がない証左でもある。頑張らない程度に緊張感のある生き方が私には向いているのかも知れない。

2017年7月12日 (水)

事業承継の講演

 昨日、M&Aの仲介会社主催のセミナーで税理士の立場で事業承継を考えると云う趣旨の講演をした来た。概ね満足のいく内容であったと自負している。このレジュメ作成の過程で私自身も新たな発見が幾つもあった。そんな意味で私にとっても十分に満足にいくものであった。
 やはり、何時も思考は全体構造から始まって目標とする事象を解析していくのが一番いい。まあ今回は色々な発見があって有意義な講師役であった。

2017年7月 7日 (金)

梅雨明け間近か

 梅雨明け間じかになると、決まって九州南部で大雨が降るが、今回は北九州やその中央部で大規模な災害が発生しているようだ。お見舞い申し上げます。
 この時期、会計事務所は充電期に入る。私も休暇はさて置き、いまは事業承継セミナー講演原稿づくりに社長塾の原稿、まちゼミの準備に30周年記念式典準備と今年は殊の外多忙な日々である。商工会議所の役員を降り、職業団体の役員も整理中である。しかし、考えれば、明日やらねばならない事柄があることはひょっとすると「幸せなのかもしれない」そんなことを考える。

2017年7月 6日 (木)

モンスターの成長

 3歳になる二足歩行の怪獣が我が家に住み着いて6日目。昨年、来宿した時は2歳、元気一杯であるにも拘らず自分の気持ちの表現が出来ずに泣き喚いていた怪獣は3歳にもなると見違えるような言語能力で私に迫る。それはえも言われず可愛いものである。これを世間ではジジ馬鹿と云う。でもよい、ひとは何と云おうと可愛いものは可愛いのだ。

2017年7月 5日 (水)

講演

 商工会議所や大学での講義の経験は多いが、来週、千葉市のホテルで事業承継を考える会社経営者を主な参加者にした講演を行う。不特定の方々ではないが、初対面の方に話すと云うのはやはり機会が少ない。著名人が依頼されて講演を行うのとは違い、一介の会計人が話すとなるとやはり緊張するものである。
 それと、今回は話のストーリーをパワーポイントで示すやり方で行う。普段なら簡単な筈のパワーポイント資料作成に結構苦労した。理由は限られた時間で実務上の重要ポイントを絞る過程で湧き上がる要点を整理する事と網羅性を欠かないようにとの配慮がその要因にある。今回は結構苦労した。

2017年6月30日 (金)

逆忖度 !

 忖度については以前に書いた。つまり、部下や周囲のものがその者の気持ちや思いを先取りして行動することだ。この話を聞いて、とっさに思ったのが「逆忖度」。そんな言葉や用法はないと思う。がしかし、私なら周囲が私の思惑を組んで行動してほしいと思うが、如何だろうか。仕事や家事、社会活動など何処でも物事が円滑に解決できるよう気を配るものだろう。
 決して、忖度は悪いことばかりではないと思うが如何か。ダメなの媚諂った使い方にある。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31